読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumipon0524’s diary

草彅剛さんが大好きです。剛くんメインのひとり言日記です。

あとを継ぐ者

録画してた、三浦貴大さんがゲストのAstudio見てたら、話題が高倉健さんとの思い出話になったのよ。『あなたへ』に貴大さんも出演してたものね。

『長崎でのロケで、食事につれていってもらった。
緊張しすぎてひたすら食べてた。それが面白かったのか、「そんなに食うなら毎日一緒に朝御飯たべよう」とお誘いをうけ、毎朝朝御飯を一緒にとるようになった。
朝から「もっと食えよ」と言われ、食べるしかない。撮影にいくころにはお腹ばんぱんではきそうになってた。』

健さんとの思い出話を一言一言丁寧に恐縮しながら話してた。


私、三浦貴大さんを応援してます。彼のご両親が大好きだから。
だから「あなたへ」の出演が発表されたとき、やったぁ!て思った。
だって、選ばれし若手役者ということになるもん。
「長年一緒に仕事をしてきた降旗康男監督と、もう一本やっておきたくて。監督も僕も、人生の大事なことに気がついたというか」こんな健さんの想いが6年ぶりの映画出演に繋がるんだよ。若手にも降旗監督と仕事してほしいとの健さんの願いもあったと思う。そのようななかでのオファーなんだからすばらしい。


しかも、剛くんと再びの共演になるわけ。私の気持ち高ぶるのも無理ないでしょ。ただ、二人の絡みはなかったよね、、それが唯一残念なの。


健さんとの朝御飯の話を聞きながら、、私、実はかなりショックうけた。だって、、健さんと一緒に二人だけで朝御飯という特権を与えられたのは草なぎ剛だけじゃなかった………

そうよね、健さんだもん。義理に厚く人情を重んじる、優しい人間味溢れる方だもん。
その愛は平等に注がれる。特別扱いはないよね。。
でも、朝御飯食べてるその時間は剛と健さんだけの特別な空間であり、剛は間違いなく選ばれし人なわけ。

行きつけのステーキのお店でステーキに舌鼓をうち、「SMAPの草なぎくんと夜一緒に食べる」と、ステーキをお土産として持ち帰ったのも、このときだけは健さんのなかにいるのは剛くんだけ。
『あなたへ』の演技に役が足らないとも言ってくれた。
これを力不足と受け取ってた人もいたけど、健さんが言いたかったのは

「君のようなすばらしい役者にこんな小さな役を演じさせて申し訳ない」

ということだったのよね。
だから、
「あなたへ」スタッフが再結集して製作するオリジナル作品で、親子の物語を描く感動作になる予定だったといわれてる次回作を楽しみにしてた。役にみあう作品を剛くんに用意してくださってたはず。いまでもそう信じてる。
だから降旗監督、お願いします。役者草なぎ剛高倉健さんに追い付いた、追い越したと感じられたそのときこそ、幻の作品を草なぎ剛主演で製作してくたさい。


笠智衆を思わせる資質を感じるとも言われてきた草なぎ剛だが、高倉健さんの後継者は、、ファンの贔屓目と言われようと、私には彼しか考えられない。