yumipon0524’s diary

草彅剛さんが大好きです。剛くんメインのひとり言日記です。

永久不変の少年

f:id:yumipon0524:20170624073124j:plain

バンビーノ
ダンソンの人って言った方がわかりやすいかな~
2015年にブレイクして、もうテレビから消えちゃった??そういえば、最近みかけないよね。早すぎません?

全盛期のエピソードを聞いてる時の剛くんがめちゃくちゃかっこいいんですけど。腕組みして、真剣にきいてるんだけど、それがグッとくるんだ。目差しも鋭くて痺れる。
てきとーなことを言い出すユースケさんのことを、笑ってる姿がテレビ画面のはしっこに映って、そんななぎスケも大好き。


熊の助日記にある、
【言ったユースケさんが、自爆した感じで困惑するっていうこともあります。
そして、そんなユースケさんの横で、草彅さんが微笑んでいるのも見慣れた光景です。
ただ、こんなやり取りは、なかなか放送されません。
編集でカットされてることがほとんどです】

姿半分テレビ画面からはみ出しちゃってる剛くんは、こんな光景の1部だったんじゃないかと思うのです。

『テレビで見かけなくなってしまった理由の自己分析は?』
剛くんまっさきに手をあげましたよ。それでね、してやったりの笑みを浮かべながら“見えないバトン”って。これを瞬時でおもいついた自分に満足してるでしょ~ユースケさんにそっこう、つっこまれて、やったー!て心の中でガッツポーズしたでしょ。俺、やばっ!て思ってない?照れたような、自慢げな、含笑いが私にはそう見えて仕方ない。5歳児の顔丸だし。可愛いいよね、半そでのTシャツから見えてる腕は逞しく、お髭は色っぽく、大人の男なのに、やってることは少年なんだもん。私、撃沈~✌


ユースケさんの、ノブくんがそっくりて指摘。よくぞ気づいた!並んでみたら、ほんとに似てる~
大悟くんがそっくり。でやっぱり並ばすの。(似てないよ、、、と私。)
大悟の、「おい、サンタマリア!」この返しに、お腹かかえて笑っちゃったよ。
ゲストの千鳥さんをこんなにうまく料理するなんて、ユースケさん、今日はさえてるよ。最高😃⤴⤴

大熊さーん、ちゃんとこのやりとり、放送されましたからね😁


モンスターエンジン
こんな芸人さんいたっけ?すみません、記憶の彼方にいっちゃってます。。

そして、草彅さん。芸人キラー気持ちいいくらいずばっと。手厳しいよねー。それを言っちゃダメよ(笑)

モンスターエンジンのネタを盗用してコメントしちゃう岡田さん。パスされて、剛くんも同じくパクるんだけど、大滑りしちゃうの。ねえ、剛くん、自分で言いながらも、よくわかってないでしょ。そんな自分を顔赤らめながら大笑いしてるし。下手くそなんだけど、その場が笑いで包まれてた。剛くん、自爆だけど、大成功だよ~


もう中学生

いたね。いたね。よく覚えてる。
段ボールネタ、好きだった。
今から7年くらいまえにもゲストで来てくれたよね。そして、番組終わりに
ユースケさんからふられて、剛とショートコントしたんだよ。
急に見たくなって夜中にかさごそ探してみてしまった。



https://t.co/tlc4byHZM8
罰ゲームみたいなショートコント。くだらないんだけど、そこがクスッと笑えるの。ぷっすまーーーって感じで好き、こんな感じ。

その、もう中学生、電車で移動中は森進一の顔してるみたいで、その顔を再現してる彼を見てる剛、おーい、お口ポカンとあいてるよ~

彼がテレビから消えたわけを、剛くん見事に大正解。同じく少年の心を持った剛くんだから、わかったのかな。
もう中学生、大人の世界を覗いちゃったから、純粋な気持ちが失われちゃったのか。。

そうか、そうすると、草彅剛ってやっぱり天使。あんな泥々とした世界のなかで人生の半分以上を過ごしてきて、身も心も立派な大人なのに、いまだに少年の心を持ち続けてるって奇跡でしかないのよね。
神様は本当に素晴らしいものを御造りされました。心から感謝いたします。


芸人さんのブレイクネタを見てるなぎスケとゲストの方の顔が笑顔で満ちてるのよ。その光景はほのぼのほんわかしてて、私も気持ちが安らぐの。人の温もりが伝わってきて、今日も一日ありがとう。明日も宜しくお願いしますと素直に感謝して眠りにつける。
ぷっすま 』ほんとにいい番組だ。大好き。私のオアシス、心の拠り所。

私達も頑張るから “ 任せて”

剛くんへ

毎日いかがお過ごしですか?


ごろーさん、剛くん、慎吾の3人が

2017年9月8日契約期間満了に伴い、
マネージメント業務委託契約を終了する

と、発表されてから、いろいろと書き立てられてます。なぜ中居正広は残留したのか、3人のこれからの活動はどうなるのか、どこに移籍するのか、
、、

一人一人の口からなにも語られてないので真意はどこにあるのか、なにが事実でなにが嘘
なのか、私にはわからない。でも、ずっと剛一筋に生きてきたんだ。彼の想いを○○だろう、に違いないと私なりに分析はいくらでも出きる。


今はっきりしてることは

3人がジャニーズ事務所から解放されること。

ただ、ここもね、剛くんたちが事務所を出たくて出ることになったのか、そうせざるをえなかったのか、ほんとのことは私にはわからないのよ。5人が誰一人として言葉にしてない。でも、彼らは各々その想いをファンには伝えてくれてる。ストレートな言葉は勿論ないよ。でも、ラジオ番組での選曲に、然り気無く発した言葉に、文字に、その表情に、口ぶりに、その都度発信してくれてる。それを見逃さずに、しっかりと受け止めて、慌てず騒がす、ドンと踏ん張って、今は忍耐のとき。
ジャニーズ事務所級の大きな権力圧力を無くして、芸能界でやっていけるのかという危惧は少なからずあるよ。だけど、それでも、私は出てほしかった。たとえ、事務所に残ったとしても、果たしてきちんとマネジメントしてもらえるのか、不安で仕方なかった。退所と聞いて安堵した。

私も4人で再スタートしてほしかったかな…という思いもわかる。だけど、
その決断にいたるまで、あらゆる話し合いもされたであろうし、考えぬいて、苦しみ悶え、そして出した結論だと思うから、迷いなく受け入れることにした。余計なことは頭から振り切った。
それを裏切りとは言わない。皆で一番いい道を見つけただけ。素直にそう思えた。
最終的なゴールが彼らには見えてるんだよ。そこにたどり着くための、最初の一歩なんだよ、三人での再出発。
次なるステージへ旅立つため、更なる高みへのぼりつめるために必要な時間なんだと思えば、これからの彼らには楽しみしかないでしょ。


彼らの番組、CM 雑誌の連載等々 9月以降どうなるのか。このまま干されてしまうのか、巷はその話題で持ち切り。


ジャニー社長がだしたコメントは、独立する3人を応援する姿勢が読み取れて感謝したいところなんだけど、いかせん、ジャニーさんの言葉には何度となく騙されてきたから。
文面通りに受け取れなくなってしまってるのよ、私。哀しいでしょ。
『この度3名が自分達の決意で異なる道を歩み始めますが、どこにいようとも。
又どのような立場になろうとも、彼らを想う気持ちに変わりはありません。
長年に渡って頑張ってきてくれた3人ですので、これからも沢山の人々に感動と幸せを届けてくれることと確信しています』


新年の「滝沢歌舞伎2017」取材会でこうも話してた。

「僕は絶対、永遠に、後押し、バックアップ、応援していくつもりです。誰に対しても」

ジャニー社長さん、この言葉わすれてませんよね?
「番組継続はテレビ局・ラジオ局にお任せする。続けるならどうぞお願いしますという形になる」とは事務所からのコメント。


「編集長 稲垣吾郎」(水曜午後9時30分)を放送する文化放送は「7月期は継続予定ですが、10月以降は改編前なので未定」とコメント。
草なぎ剛香取慎吾の「Shin Tsuyo POWER SPLASH」(日曜午後7時)のbay fmは「9月8日以降のことは未定」

草なぎがCMに出演する「1本満足バー」を販売するアサヒフードアンドヘルスケアは、「今回の報道を受けてびっくりしております。私どもとしては引き続き出演していただきたいのですが、先方のこともありますので、今後のことは未確定です。関係各所と協議していきます」と答えた。
草なぎがCMに出演する「昆布ぽん酢」のヤマサと、香取がCMに出演する「明治北海道十勝スマートチーズ」の明治は「今の時点では何もお答えできません」と答え、独立後の契約について未定とした。

今回もスポンサーさまになんの連絡もしていなかった。



私達に何が出きる?声を出していくことしか出来ないけれど、小さな声が集まるとそれはどんなに冷酷な人の心をも動かすに違いないと信じて今日もせっせとはがき職人頑張ってます。

私達の声で彼らを芸能界の悪しき慣習から守る!
『希望があるのは、ファンの存在だ。今回の独立報道でも、ジャニーズの狡猾な情報操作に騙されることなく、各局には番組存続の声が殺到している。実際、ファンの抗議があった事で、分裂騒動時のような露骨な圧力やネガティブ報道は現在できなくなっている』

そして、
そんななか、
ブラタモリでの剛くんのナレーションはこれまで通りお願いしていくつもりだとNHK総局長が明言してくださった。
「相手の所属が変わっても、普通、仕事というのはそのまま引き継がれると思います。こちらで番組自体を、全然違うものにするということを考えなければ、制作サイドとしてはお願いしていく。相手がどこになるか、窓口がどこになるかは今後のことだと思いますけど、制作していく上では別に影響はないと考えています」
「事務所との契約で番組を作っているわけではない。あくまでも草なぎさんの個性を生かして番組作りを進めてきた。所属が変わっても仕事は引き継がれる」

当たり前のことが当たり前にできる、ごくごく普通のことがこんなにも嬉しいなんて。あくまでもその予定であるとのコメントで今後の動き次第でどう転ぶかまだみえてこないけれども、一筋の光がさした。民放各局も
圧力になんか屈するな。NHKに続け!
ファンなんてものすごく単純な人の集まりなんだよ。
真っ先に英断をくだしたテレビ局にひれ伏して感謝するよ。と同時にお金もおとして回るよ。スマノミクス発動しちゃうんだよ。


かく庄のおかみさん、男前過ぎる。
都合よく使われる、関係者とやら、このおかみさんの言葉聞いて胸が痛くなりませんか?
これが本当の関係者でしょ。本人たちが話してないことをペラペラ喋るヤツなんて、この人たちこそ裏切りもの。


ビビット」で堀尾アナ市村正親さんとの話をしてくださったでしょ。嬉しくて嬉しくて、こんなときに流れてくる涙、私大好き。剛くん、テレビ見てた?知ってますか?
市村さんが貴方をほめてますよ。認めてくださってますよ。

 堀尾アナは、2日前に市村と会った際に「今の若手俳優の中で一番市村さんが認めている人は誰ですか」と聞いたところ、草なぎの名前を挙げたという。「『役者として、彼はありとあらゆる要素を持っている。あんなに出来る俳優を久しぶりに見た』っておっしゃっていた」と明かした。


嘘の戦争のときにも
「今回は剛くんのドラマだから『やろう!』ってすぐ返事をしました。やる役すべてを違うものに見せ、『僕の生きる道』では頬をあんなにこけさせて挑んでいた、剛くんは本当にいい俳優さんです。バラエティも面白いんだけど、やっぱり俳優だなぁと思うんです。俺のなかでは剛くんは、高倉健さん風なイメージ。俳優としてこれからもっともっと楽しみです。

と市村さんコメントしてくれたんだよね。
市村さんが、草彅剛のなかに高倉健さんをみた。魂と魂をぶつかりあわせた二人だからこそ、この言葉には重みがある。
感無量です。


なのに、彼が演ずる事ができる環境にないって今、宝の持ち腐れでしょ。
「演じることは好きなので、チャンスがあればドラマでも舞台でも演技したいとは思う」
こうはっきり言ってるのに。演じたいのに。

天才を無駄に野放しにしておくつもりですか?


剛くんは1日があっという間に終わると話してた。無駄な時が流れてる訳じゃない。今しか出来ないことを今、やってるんだろう。充実した日々を過ごしてるのは間違いない。

先日も、中野サンプラザでの斉藤和義さんの弾き語りツアー観に行ってたよね。大杉漣さんの姿もあったらしく、誘いあって行ってたのか、偶然なのか、わからないけど、私は勝手に、漣さんが剛くんを誘ってくださったのだと思ってます。ドラマの撮影合間でも、ぷっすまでもセッションしてた、僕の見たビートルズはTVの中🎵は斉藤和義さんの曲。



世知辛い日々。羨んだり、陥れる努力で得る近道より遠回りでも、ちゃんと貫いていけますように。そういう努力が報われる世の中になりますように。
安田顕駄文:CUEダイアリー からの引用)
深い言葉でしょ。剛くんたちへの応援の言葉に思えて仕方ない。


今の彼らを取り巻く環境は決して心地よいものではない。自らの意思なのか、そうせざるをえなかったのか、わからないけど、どちらにせよ、最終的な決断を下したのは己であることに間違いはない。もう、引き返せないし
引き返してほしくもない。まっすぐ進んでいくのみ。
そのことを悔いることのないように、私達も今できる精一杯のことをやりましょう。あとであれもこれもしておけばよかったと後悔したくないもん。

やりきった充実感を皆で感じようね。結果は自ずとついてくる。

今やることは声を届けること。世論の脅威を知らしめよう。今こそ、私達の出番です。



〒102-8077 株式会社KADOKAWA 月刊ザ・テレビジョン『お気楽大好き!』係

〒101-8021 東京都神田郵便局私書箱8号 小学館Oggi編集部『絶対的好感論』係

〒288-0056 千葉県銚子市新生町2-10-1 ヤマサ醤油株式会社 御中

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-4-1 アサヒグループ食品株式会社 お客様相談室『1本満足バー』係

〒261‐7127bayfm ShinTsuyo POWER SPLASH 御中

〒 150-8001 NHK放送センター『ブラタモリ

〒106‐8001テレビ朝日ぷっすま


僕頑張るから任せて!と剛は言った。
その言葉、そっくりそのまま彼へ

【私達も頑張るから、任せて!】

しんつよ愛の劇場 6月18日

慎吾:今週はスペシャルウイークなんですが、スペシャルコーナーをお届けしようと思ってます。実験的なスペシャルです。スペシャルで実験すんなよ。一家揃ってお聴きくださ~い。
スペシャルなにやるんですか?
剛:なにやる?今日は?
慎吾:わかってないの?
剛:あー、ミュージカルみたいなのやるってことですね。
慎吾:えー?

相変わらず、台本ろくに読んでないでしょ(笑)
一人じゃないもんね、慎吾がいるから、と安心しきってお任せかな。でも、ここぞというときは、ちゃんとやる男ですので。それが草彅剛。やるときはやるんです!



慎吾:昔の古い携帯なんてどこにあるかも、わかんねぇよ、をみたいなのをロック、だな、と
つよポンそんな感じだね。

慎吾の言うこと、わかるなー。剛くんて、細かいことに拘らない、豪快なところあるし。そのくせ、大事なものにはとことん優しい。まさにロック。

「解約して新しくするとき古いのは渡しちゃう。料金安くできたり」て剛の言葉が意外だったの。少しでも安く購入しようなんて、そんな計算するような人だった?そんなところに拘る人じゃないって思ってた。私もまだまだだわ。


剛:どっかいい人に思われたいって、そういうのあるじゃん。わりかしはっきりしてていい。自分の利益しか考えてない、しかもそれをちゃんと言ってる、仕事だからさ、みたいな。私がやったからそれだけもらってなにがわるいんですか、みたいなさ、そういう人もストレートでいいんじゃないかなと思うときあるけどね。
慎吾:そういう人だよね、草彅剛
剛:俺は人のために、私は人のために
慎吾:結構そういう人だよ
剛:いや、人のために。お金が入ればいいとは思ってないですよ
慎吾:なんか、イメージが
剛:そんなんじゃないよ、どっかいい人って思われたいのかな


世間の皆様が抱いてる

剛くんのイメージ『いい人』

そのイメージを壊しちゃいけない、と頑張ってきた?でもね、そのイメージは剛くんの場合作られたものじゃないのよ。そのままの人だから。バカがつくくらい正直で、人をだますなんて全然出来ない人だから。そんなこと、慎吾が一番よくわかってるでしょ。わかっていながら、つい、ま反対のことを言っちゃうのよね。剛くんもお見通しだよ。知ってて騙されたふりをするの。ほんと、どこまでも優しい人、あきれるほど、いい人。




剛:アメリカのもの多いな、家に。結局アメリカのもの好きみたい。ギターもアメリカのものだしさ、ジーンズとか。これもアメリカのものでしょ、もともと。あっ、チャイナだ。アメリカだと思ってた。アメリカぽいから。
ヨーロッパのも一時期好きだったけど、なんかねー。


アメリカっぽいからアメリカだと決めつけるあたり、5歳児の感覚です、はい。


剛:BBQね、いいすよね、やりたいですね、BBQね。
慎吾:それこそさ、ここでもいいんだからさ。ここの、つよポンが息苦しいスタジオ
剛:ここでBBQはきついと思いますよ
慎吾:ちゃうちゃう、ここでもいいんだったらさ、それこそ公園とかで今度録ろうよ
剛:そういうこと?ここでBBQするのかと思ったよ。ここまずいでしょ。
慎吾?なに、BBQがまずくなる?
剛:こもっちゃって、煙が


剛くんには、劣悪な環境のなかでの、収録になってるわけね。慎吾はそこまで嫌がってるようには感じられないけど…剛には、狭い箱のなかに押し込められて、とてつもなく息苦しいのよね。
閉じられた箱にこもってないで、たまには、外に飛び出そうよ。自然の息吹を感じながら心のままに二人の時を過ごそうよ。つよポンの声が弾んで弾んで飛んでいっちゃうよ、きっと。慎吾が、おいおい、って呆れたように追いかけるの。そんな二人のやり取りを聴きながら、しんつよ~てニマニマしてる私。はたからみれば、気持ち悪いおばちゃん(笑)



シシシンゴ
慎吾:ミュージカル俳優として活躍してる僕にくらべて、つよポンはミュージカル未経験でしょ
剛への聖闘士星矢にやったくらいかな
慎吾:ミュージカルの基礎をつよポンに教えよう。ちゃんとやってみよう、しんぱいないさー、ライオンキングのはくなまたたですよ、さっそく、やってみてください

剛:しんぱいないさー、
慎吾:台本だからね、フリーで俺が喋ってると思われたら困ったもんだよ


慎吾:それではリスナーからきた歌詞をミュージカル風にしよう
即興ソングミュージカルバージョンみたい。
LaLaランド、シシシンゴね、
剛:あー、そういうことね
慎吾:ギター弾く人が全く今理解してない、ミュージカル風で、て、今日は
剛:ふーん。
慎吾:いってみようか
剛:はい

剛の返事が曖昧なんだよね。自信なさげな 「はい」死んでるんだもん、声が。ここまで正直に気持ち出しちゃうなんて、プロとしては失格だと言われるのかもしれないけど、人間だもん、不安だらけな気持ちをさらけ出してくれると、親近感がますます沸くの。がんばれー!!と応援したくなるのよね。頭ポンポンしたくもなる。愛しさ増してくる。


剛:あっ、間違った
慎吾:おわってんだよ、もう

 (すげぇ、ミュージカル風だった。すげぇ、すっげぇ)
スタッフさんのびっくりしたような、称賛の声。思わず口から飛び出しちゃったんだ。
何をしたらいいのか、よくわかってない不安だらけな中、恐る恐る爪弾いたのに、終わってみれば、大成功。“俺ってすげぇ”て内心思ったんじゃないですか?草彅さん(笑)
ほめられるの、大好きだもんね❤


慎吾の歌声~🎵
剛:まだあんの?(笑)
慎吾の歌声~🎵
思うーといったら明かりがばっとあいて
剛:やっと理解したよ。やりたいことが。そういうことなんだね、あーー。よかったよかった。。わかった。またやろう。やっとわかった


人よりも理解するのにちょっと時間かかるときもあるけど、そこもご愛嬌。一度理解したらあとはドンと来い!頼もしい方でもあるんです。



慎吾:つよポンはどっか行ったりしてないんですか?
剛:映画行ってないんだけどさ、いきたいなーと思って。まあそうだね、草間さんのも行きたかったけど行けなかった。ちょっと行動が遅いかな。暑いでしょ、昼間。いやだよね、暑くてね。
慎吾:なんか、いってないんだね。あんまり動いてない?
剛:あまり動いてないね
慎吾:買い物は?
剛:ちょっと古着見に行ったりとかしたけど。
慎吾:古着見に行くって古着屋さんに行くの?知り合いの古着屋さんみたいな、
剛:うん、そう。それこそすごいヴィンテージを買った訳じゃないし。やっぱりみたらいいなーと思って。さすがに持ってるし、まっいいかなと思うけど、ちょっと気になるから、見るだけでいいかな。暑いんだもん、昼間。もう暑いよね。ほんとに、冗談ではないんだけど。倒れちゃいそうになっちゃう、ずっといると。調子が悪くなっちゃうから、なるだけ日陰にいたいと思っちゃう
慎吾:お茶しに行くんでしょ?
剛:カフェはよくいくよ。カフェラテうまい
慎吾:ほんとにうまいの?
剛:うまいよ。いっぱいうまいね、今ね。いっぱいうまいけど、自分の好みってあるから。うまいのって みんなうまいわけ。東京すごいよ。どこもうまいんだけど、微妙に豆ってさ、味違うんだよ。もしかして、自分にしかかんじられないとこあるじゃん。苦味とか酸味とか甘味って、みな違うわけよ‼のみ終えたあとの感じが違うなとか。たぶん、豆だと思うんだけど。ディカフェ知ってる?カフェインをわざわざ抜いて。俺結構それ好きで、カフェインて、いろいろ影響するからないほうがいいとかさ。やわらかくなるの。パンチがつよい方が好きな慎吾には物足りないと思うんだけど。俺結構ディカフェってのが好きなのよ。コーヒーのつんとしたのが柔らかくなる。結構好きで、やってるところとやってないところがある。


剛くん、健康状態大丈夫なの?暑さには強いんだと思ってたよ。。行動が鈍くなってるのは暑さのせいなの?倒れちゃいそうになるくらい気分悪いって、それって貧血なんじゃないかと心配だよ。近いうちに診察してもらってね。不安は一刻も早く取り除かなきゃ。

剛の行きつけの古着屋さん、この前あるテレビ番組に出てたよね。いいなーと思うvintage、買わなかったんだ。さすがに持ってるから、まっ、いいか!
そう思えるようになったのは、、ワンコちゃんの存在かな?て思ったよ。ジーンズにむけられてた盲目の愛情が今はワンコに注がれてる。ジーンズを育てる楽しさよりも、ワンコちゃんの成長をみてる時間の方が今は愛しいのかも、ね。
大事に大事にしてるから、公にはしたくないのかな。。
いつか、剛くんとワンコちゃんの日々を教えてくれると嬉しい。

剛くんちの子になって、彼の愛情を一身にあ浴びて君は幸せだよ。


そして、カフェの話。好きな話題になると、話がつきないね、次から次に言葉がながれてくる。剛と言えばカフェラテ。
お洒落なカフェ見つけると、つい、店内をのぞきこんじゃう。もしかして、彼が座ってるんじゃないかって、反射的に想像しちゃうのよ。
やっぱりいないや、いるわけないよね~と現実にかえって、苦笑い。
そんな時間を楽しんでます、私の近況報告(笑)

ディカフェ?はじめて聞きました。しりました。私もあまりパンチがきいたのは好きじゃないのでかなり興味深い。うちの近くのスタバやってるかなー。ここも交差点見えるし、きもちいい景色広がってるよ。一度立ち寄ってくれないかな~



ごろーさん、剛、慎吾の退所が発表されて、あらためて、18日のパワスプ聴きました。
今までと何らかわりない、いつものしんつよ。でもね、この変わりのなさがしんつよ絆の深さになってるんだよね。人生の大きな転機に二人一緒。これから先の道、平坦ではないのは本人たちが一番よくわかってる。その大波を一緒にくぐりぬけていくんだよね。

報道を受けて聴いたせいか、彼らの口調から底知れぬ力強さを感じたの。秘めた決意も。
スタッフさんの楽しげな笑い声はそんな二人の背中を前に押してくれてるようだった。

9月8日で契約終了、となると、業界のルールとやらで、今彼らが持ってる番組も終了となるらしい。らしい。らしい。あくまでもらしい。
新事務所が引き継いで契約すればそれでいいんじゃないの?簡単なことじゃない。と思うんだけど、なにやらほんとに封印された世界なんだね、日本のエンタメって。

だから、パワスプの先行きもすごく不安。日曜の19時、一週間のおつかれさま、また明日から頑張りましょう~のパワーを貰う大事な大事な、私のやすらぎの場。しんつよのためにも、私自身の心の平穏をたもつためにも失ってはいけない場所。

声を精一杯出していくよ。はがきにメール、しつこいくらい出していくよ。

ココカラ未来は始まる

解禁された、

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人がジャニーズ事務所との契約を更新せず、退所するということ。


覚悟はしてた。事務所との決別は私の望んでたこと。やったぁ、と両手あげて歓喜したいとこなのに、ぽっかりと心に穴があいてる。

ジャニー社長からのFAXとスボーツ新聞1面の見出しとネットニュースにWS




本人からのコメントは一言もない。こんな大事なこと、本人はもちろん、彼らを応援し続けてきた私たちの人生をも左右することなのに、肝心な当人の本意は聞けない、という理不尽さ。。

剛くん、どんな朝をむかえてますか?
こうして、公に発表されてスッキリしてる?
今貴方が全力を注いでるレギュラー番組はとうなるの?
ぷっすまとも、ブラタモリとも、パワスプともお別れになっちゃうの?ヤマサさんは?1本満足バーは?

いやだーーー、
これ以上、私から大事なものを奪っていかないで。。

剛くんがこれからも俳優業に邁進していくのはとってもとってもうれしいよ。私の悲願の海外進出も可能になってくるでしょ。でもね、だからといって、みんなから愛されて長年続いてる番組を終わらせる事にはならないよ。まだ確定ではないよね?
スタッフさんも頑張ってくれてるはず。だから、ここで諦めないで、どんなに大事な番組か、どれだけ愛されてる番組か、伝えていかなければ。本当にサヨナラになっちゃう。それだけは絶対いやだ!


いーやまさんのつぶやき、レギュラー番組も9月で終わるんじゃないか?と不安だらけのなかで、こう呟いてくださってた。
ユースケさんの、突然ギター売るってよ。
ぷっすまスタッフさんの、番組を守るよー!なぎスケを終わりにしないよー!て言葉に聞こえてならないのよ。
ぷっすまにはいつだって、なぎスケへの愛が根底にあるんだもん。





ごろーさんが慎吾が、剛が、彼らにしかわからないこれまでの様々なこと、そして、これから先のことも真正面から見据えた上で出した結論なのだろうから、見通しはきちんとついてるんだよ。腹をくくったんだね。そう信じないと彼らを苦しめちゃう。
ファンを大事に大事におもってくれる彼らだもん。
残ることになった中居さんに木村くん。二人にもそうしないとならなかった、どうしようもない理由があるのだろうし、環境もあるだろう。
誰も悪くない、一人一人の判断でこういう結果になっただけ。

新しい朝がきた、希望の朝だ~🎵
喜びに胸をひろげ、青空あおげ~🎵


新しいスタートラインに立とうとする3人にこれからも燦々と光があたりますように。
その穏やかで明るくて、暖かくて、ほっとする輝きを、私、いつまでも感じていたい。

稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さん、おめでとうございます。これからは思う存分、自分の信念に基づいて走ってください。希望の道がまっすぐ見えてきます。私も、その道を迷うことなく共に進んでいきます。

幸せの空間

f:id:yumipon0524:20170617072607j:plainぷっぷっぷっぷっすまーーー!!

楽しくて嬉しくてなんだか涙がでてきたよ。涙って悲しいときだけじゃないのよ、嬉しいときにも自然と溢れてくるものなのよね。

九十九里浜大自然、高層ビルもない、人人人の山もない、周りは畑がひろがってる。ゆったりした時間のなかで、風を感じながら、1つのボールを一生懸命追いかける大人たち。うまい空気が細胞にしみわたって、動きも機敏。感情のまま声も出せるんだよね。周囲を気にすることもしなくていい。
生き生きしてるし、何よりかっこいいよ。


体動かしたあとは、腹ごなし。
『九十九里の食材を使い、みんなとBBQがしたい!』ということで、BBQの材料の買出しに。

剛くんは漣さんと野菜の調達に行くことになったよ。

「剛くんね、房総半島二人で歩く日が来るって思わなかったね」
漣さんの言葉が優しく心に響く。この時間をすごく大事に思ってくださってるのが伝わるの。
畑が広がる中をふたりで歩きながらのたわいもない会話。何気無いことに幸せって転がってるんだよね。

途中で畑で玉ねぎ収穫してた農家の方に頼んで収穫させてもらうことに。

このときのふたりがね、いい大人なのに、子供のようなの。
剛くんが引き抜いた玉葱よりも大きいのが抜きたいな~て負けずぎらい発揮の漣さんだったり、そのままかじろうとする漣さんに、俺ヤダよー、火通したほうがいい。水にさらしたほうがいい、からいよ、やだやぁ、俺。な駄々っ子剛くん。
辛くないと言い張る漣さんに、嘘だー嘘だー。て、そこにいるのはまさに5歳児つよしくん。少年の顔してるのよ、邪気のまったくない、屈託のなさが私には眩しいし、こんな表情が出きる草彅剛って何者なんだろう。て思っちゃう。神様が私に与えてくださった賜。私のなかに巣くってる醜いものを浄化してくれる天使さま。

漣さんも玉葱かじって辛くないって咳き込んでるんだもん。やせ我慢してるでしょ(笑)

丸焼きにしてもおいしいですか?

そう農家の方に聞いてる剛くんの脳裏にあるのは、タモリさんのことかな。この玉葱、買って帰ったらタモさん喜ぶだろうな~玉葱のホイル焼き作ってもらおう~なんて思ったんじゃない?



豪快なBBQ。なんだか目が煙たくなってきたし、お腹もすいてきた。涎でてきそう。それだけ、美味しそうだし、最高の顔して皆さんが食べてるんだもん。
収穫したばかりの野菜に、市場で買ってきた九十九里産の魚介類に、清みきった空と、空気と、そして、響き渡る笑い声に、うまい!の大連発
剛の
“ うまい!びっくりするわ!” ウフフ

玉葱のホクホクさがTV画面を通してもわかるよ。
いいなーいいなー、剛くんが楽しそう。私も幸せ~


熊の助日記からもその美味しさが伝わってくるね。
http://www.tv-asahi.co.jp/reading/kumanosuke/8071/


そして、今日の最大の

漣さんと剛くんの念願のセッション実現です。
ユースケさんも、ワダソン絶賛の1952
年のサザンジャンボを久々にお披露目。ギター弾くかとおもいきや、やっぱり鈴担当。

漣&剛ふたりでのギターセッション。
曲名は 僕の見たビートルズはTVの中~🎵

『嘘の戦争』の撮影現場で漣さんと弾いてた曲だね。


ギターのことは私全然わからないけど、音色が弾んで聞こえてくるのよ、ギターも喜んでる、楽しんでる、そんな風に見えてくる。鈴が負けん気だして、ギターに負けないように、りんりん、転がしてるというより叫んでるかな。張り切ってるのがわかるんだ。
剛くんの歌声と、漣さんの歌声と、ギターの音と鈴の音にハーモニカが大自然の中に広がってみんなの気持ちが溶け合って、最高のライブになったね。
大満足です。


私も違う時間の流れを感じさせてもらいました。漣さんありがとう。

でも、どうしてユースケさん、宝物のギターを売ろうとしてるんだろ?

ということで、ユースケさんのギターに興味のある、プロのミュージシャン大募集始まりました。

ワダソン名乗りでないかな。期待してますよ。


https://youtu.be/TVxg9l19URU

任せて!!

昨日は朝一番で、事務所御用達のニッカンからドカンとものすごい一撃くらったけど、大丈夫、負けてないから。そんなことで心折れるほど柔ではないんですよ。おかげさまで、強くなりました。彼らへの想いもますます熱くなりました。

6月に入ってから、あることないこと、書き立てられる予想はしてたよ。人って、ゴシップ好きだもんね。そこをうまくつつくような記事が出ることは想定内。それに反応したら相手の思うつぼ。次々出てくる記事のあまりのお粗末さにせせら笑ってきた。

だけど、昨日の一撃は、さすがにこたえた。目の前が一瞬真っ暗になりふらついた。気持ちがざわざわしてどうにもならなかったけど、それも一瞬。
どんなに、泣きわめいても怒り狂っても、相手に伝わらなきゃ、意味がない。エネルギーの無駄遣いでしかない。そんなことしてる時間があるなら、Twitterもいいけど、まずは公式にアクセスして要望を出そう。葉書を書こう。メールを送ろう。声を出していこう。そこから始めなきゃ。


つよ担なら声を出してくことの大事さ、たった一人の声でも集まればとてつもない大きなものになること、身をもって体験してるものね。
ぷっすま』がいきなり、なんの前触れもなく、放送時間が短縮され曜日変更、時間帯もど深夜に追いやられ、全国一斉放送じゃなくなったとき。
ぷっすまを守る!失いたくない!皆の想いが1つになって立ち上がったじゃない。署名活動もあちこちで起こり、ここもあそこも…と次々に放送されるようになった。あのとき、はじめて知ったのよ、こんなちっぽけな存在でも集まれば大きなパワーになるってこと。そのパワーはどんな岩をも崩す、想像をはるかにこえた力を持ってること。

だからね、くよくよしてる暇あるなら、メール書こう。葉書出そう。公式に気持ち伝えよう。


http://president.jp/articles/-/22272

テレビ朝日さんがすぐさま対応してくださった。

 元SMAP香取慎吾(40)がMCを務めるテレビ朝日系情報バラエティー「SmaSTATION!!」(土曜、後11・05)が、9月いっぱいで終了することが内定したとの一部報道に対し、同局広報部は、「10月編成については、まだ確定しておりません」と終了を否定した。後番組にドラマ枠が浮上していることも同様の回答で否定した。

この神対応に救われたよね。ホッとひと息つけた。
でも、ここからだよ。


ガセ記事に惑わされない。振り回されない。彼らからの言葉を待つ。


結果がどうであれ、それは彼らが決めたこと。そこをとやかく言うつもりは毛頭ないの。裏切りという言葉で表現してほしくない。各々の取り巻く環境もひとりひとり違う。立場が違えば、足並み揃えたくても揃えられなくなっていくだろう。彼らが想い描く未来に向かって突き進んでほしい。仮に別々の道を歩むことになっても、そこは大人の男の決断として笑顔で送り出したい。


私の大事な剛くん。貴方が目尻に皺よせて、ガハハといつも笑っていられますように、全身全霊で役に生きていられますように、たまには歌って踊れる場があたえられますように、いつまでも、自分に真っ正直に進んでいけますように。
ただそれだけを願います。


昨日の記事は序章にすぎない。どんな大波が押し寄せてきても、流されてしまわないように、しっかり踏ん張らなきゃ。


やれるだけのことをやってみましょう

「 僕はこれからも頑張るから。
任せて ! 」

私には剛からのこの力強い言葉がある。

嘘の戦争に想いを寄せて

f:id:yumipon0524:20170614075514j:plain製作発表のときに、剛くん話してたよね。素晴らしいキャスト、スタッフのみなさんと2017年この仕事でスタート出きることが幸せ。今持てる力をすべて注ぎ込めるって。『未来に光や希望が持てる作品にしたい』
『少しでも弱くならないように強い人間を演じられるように頑張りたい』

走り続けた4ヶ月。終わってみて

『いい作品になった。いいドラマになった』と胸を張って言えるくらい正真正銘の本物が出来上がった。スタッフの、ひとつでもいい画を視聴者に届けようという熱意が、素晴らしいドラマを生み出したのは間違いない。


藤木直人さんが
一ノ瀬浩一に対立する役、少しでも弱くならないように、強い人間を演じられるように頑張りたい。と製作発表のとき、話してて、クランクアップをむかえた際には
敵役として弱っちかったと反省してたけど。そんなことない!会社を守らなければならない、たくさんの社員を路頭に迷わせることはできない、そのためにどんな手段をも使った。冷酷で強引にならざるを得なかった。社長としてのはかりしれない苦悩しっかり伝わったよ。浩一のことも憎みきれなかったじゃない。二科家が千葉家にした事の残酷非道さを十分わかってる、でも、隆には他に選択の道がなかったんだよね。どんな悪人にも守るべきものがある。それが許されない事であっても…隆なりの浩一への思い、全然弱くなんかなかった。お互いがお互いを生かしあってた。心の底にある思いをえぐりとってぶつけ合った男同士、二人にしかわかりあえない絆が見えた。いい別れ方だった。新たな出会いの予感がした。

役をはなれた時の藤木さんの笑顔って素敵だね。とっても爽やかなのに、エロティック。忘れられないのよ。すっかり惑わされてます。



マギーさん、
ほんとにこの作品が好きなんだね。脚本の面白さに惚れ込んでる。百田が大すき。もっといろんなことやりたかったと、言ってくれる。この現場を去っていく寂しさを誰よりも感じてくれてるのかも。そして、なによりムードメーカー。話術が素晴らしく面白いのよ。『浩一がいつ日本に戻ってきてもいいように、BAR800の灯りを消しちゃいけない』
マギーさんの言葉に、
「そうよ、その通り!浩一の帰る場所は守っていかなきゃ。浩一に会えないと愚痴り会えなくて寂しいと無気力になる。そんな暇あるなら、文字にして葉書なりメールなりテレビ局へ伝えろ!」
自分への活でもあります。


舞台やったとき、相手役の方が来れなくて代役にマギーさんが来たって剛くんが話してるんだけど、どの舞台だろう?



甲本さんのクランクアップ、剛くんとの力強い抱擁。このときの二人の顔が最高にいいの。ほんとに精神的に追い詰められたつらく苦しい役をやりきった充実感に溢れてて、剛くんなんか泣き笑いしてるんじゃないかと思うくらい。五十嵐と浩一の対立は地獄からの叫びだった。そのくらい、追い詰められた状況下にいたんだものね。やっと解放される安堵感もあり。刺激がなくなる寂しさも感じつつ、互いに互いを労いあって、ほんとに感動した。五十嵐こと、甲本さんの、やつれきった顔に、本物の役者のプロ魂を見た。甲本さんによって、剛くんの演技にますます拍車がかかった。漣さんもおっしゃってたけど、“戦い” なんだよね。お互いを高め、無限の力を引き出す戦い。なんて、贅沢な時間だったんだろう。


市村正親さん。
「草なぎくんと仕事できて楽しかった、あっという間に終わっちゃった」
剛って呼び捨てにもしてた。かと思えばつよぽんって。茶目っ気もあってほんとに素晴らしい方。
こんな方の夢に剛くんが出てきたなんて、それだけ、剛くんの演技にこころひかれたことになるでしょ。身に余る光栄ですよ。

そんな市村さんでさえ圧倒された剛の演技。監督のカットの声がかかっても、オッケーでても、浩一から草なぎ剛へ戻ることが出来ず、その目はもがいてる。憎しみ苦しみ辛さ様々な感情から離れられず解放されたいと足掻いてる。そんな彼を理解して、誰も声をかけない。そっとしておいてくれてる。あ、うんの呼吸がそこにあった。緊張感に包まれた空間が研ぎ澄まされた演技になる。


今回は剛くんのドラマだから『やろう!』ってすぐ返事をしました。やる役すべてを違うものに見せ、『僕の生きる道』では頬をあんなにこけさせて挑んでいた、剛くんは本当にいい俳優さんです。バラエティも面白いんだけど、やっぱり俳優だなぁと思うんです。俺のなかでは剛くんは、高倉健さん風なイメージ。俳優としてこれからもっともっと楽しみです。


市村さんのコメント、何度読み返しても嬉しい。ホテルビーナスで初共演、あの圧倒的存在感に身震いしたよね。ビーナスの言葉に涙したのよ。そんな大きな大きな日本を代表する俳優さんから、いい俳優だ。とのお言葉いただけたんだよ。高倉健さんのイメージを持ってくださってるなんて。有り難く思うと同時に、誇りに思います。草なぎ剛すごいだろーと自慢したくなる。


菊池風磨くん

こんな軽そうな子で大丈夫?演技なんかできるの?バーターいらないよ。


最初にキャストを知った時の正直な感想。でもね、ごめんなさい。すごい誤解してました。思い込みで決めつけてた。

『今の僕にとって、この上ない経験をさせてもらった。ほんとに刺激的な4ヵ月だった。精進していきたい』

この言葉に嘘はないのはわかってる。
貴方なら大丈夫。今の素直な気持ちを失わずにいたら、目の前の大きな背中を、純粋な心の目で見続けられたら、いつかその背中に追い付くことが出来るよ。そんな後輩が出てきたら、剛くんも役者冥利につきるよね。


剛くん、待ち時間撮影の合間にギター弾いてると気晴らしになるんだね。タイで買ったギターをセットに置こうと場所探したけど、置くところがないって話してる。ある番宣で置いたって言ってたんだよね。結局置いたのか置けなかったのか、置いたけど、スタッフの人から片付けられたのか、そこが気になる木。放送中もずっと気にしてたんだけど、見つからなかったのよ。
BAR800の店内、ギターばかりに気をとられてたからかお酒のボトルのラベルなんて気にもしてなかった。ずらっと並ぶボトルにはSMAP曲のラベルが貼り付けられてる。風磨くんの案内ではじめて気付いた事実。手の込んだ面倒な作業。時間もかかっただろうに、誰かに見せようとか、誉めてもらおうとか、話題にしてもらおうとか、そんなこと、これっぽっちも思ってない。SMAPへの想いをそこに込めただけ。無償の愛と言ってもいいよね。とにかく感動した。スタッフの愛がこんなとこにも隠れてた。

そして、漣さんとの待ち時間も。ギター取りかえっこして漣さんからギター教えてもらってた。漣さんのハーモニカとギターとのセッション聞いてたらなんだか泣けてくる。四年前と比べて圧倒的進歩。会うたびに上手くなってる。きっかけですからね、漣さんが。
そんな会話が自然体でほんとに楽しんでるのが伝わってくるのよ。
漣さん、今回も打ち上げ参加できなかったんだよね。共演の縁は誰よりも多いのに打ち上げの縁はないと剛君とっても寂しそう。漣さんもそこには触れてほしくない感じがして。きっと一番悔しがってるのは漣さんご自身。待ってる時間が長いほど喜びは大きくなるというから次回こそ素敵な時を共有できるよ!

撮影の裏側もたくさん見せてくれてる。
ホテルでワインを落とすのも、小屋を燃やすのも、役者さんも大変だけど、スタッフさんの苦労は並大抵ではない。前準備、テスト、本番、後片付けと早朝から深夜まで続く。



崖から落ちる体をはったシーン、こえぇわーと剛くんの本音。確かにさあの高さを背中に感じながら落ちるんだよ。下に分厚いマット敷いてるとはいえ、怖いよ。
体幹がしっかりしてるからこその美しい落ち方。剛くんの身を案じることよりもあまりの完ぺきさにみとれてしまう私もひどいよね(笑)

2017年この作品で爽やかにスタートできました。
クランクアップのときの剛くん、とってもとってもいい笑顔してた。清々しかった。
『終わってみるとあっという間。撮影好きなんだな。全部大変だったけど大変じゃなくなった。辛いことも楽しくなる。』



剛くんがこの作品を通して伝えたかった、未来への光と希望

「僕はハッピーエンドが好きなんで、復讐劇だけれど見ている人にちょっと温かい気持ちになってもらって、ドラマが終わっても温かい気持ちがずっと続くような作品になったら良いな」


ちゃんと伝わってるよ。浩一からタイに戻って2ヵ月ちょっと。まだ詐欺師やってるの?相棒と出会えた?そんなこと想いながら空を見上げてます。
私の見上げてる空を浩一も見てるかな~早く日本に帰ってきて。みんながあなたの帰りを待ちわびてます。


“撮影好きなんだな”
彼から好きなことを取り上げないで欲しい。

私はただ剛の演じてる姿を観たいんだけ。こう願うのは我儘ですか?贅沢な欲求ですか?

演じたい人がいて、その人の演技を観たい人がいる。これだけで十分なはず、他になにが足りないんだろう。。どこに問題があるんだろう。
エンターテイメント、お客様がいてはじめて成り立つものなのに。