yumipon0524’s diary

草彅剛さんが大好きです。剛くんメインのひとり言日記です。

しんつよ愛の劇場 12月9日

剛:昨日ごろさん誕生日だね、8日だもんね。
慎吾:えっ?合ってる?
剛:うん、合ってる
しんつよ:おめでとう。おめでとうございます
剛:あれ?もう舞台二人始まってるわ
慎吾:ごろちゃんは?
剛:ごろさん終わった、とりあえず東京は。大阪でしょ、次
慎吾:僕は三谷幸喜さんと日本の歴史というミュージカルをやってます。そしてつよポンは?
剛:僕はデヴィッド・ルヴォーさん演出の『道~ラストラーダ日生劇場でやっております。きのうから始まってんだ。お互い舞台に立ってるんじゃないですか、これ。うん。
慎吾。観にいけるのかねぇ
剛:行けるかな?僕は行けると思う


www.instagram.com

3人でバースデーお祝いしたんだね。
真ん中に吾郎さんがいてすごく優しい雰囲気感じてます。
自然な空気が流れててハッピーオーラに溢れてるこの写真
見てると私も笑顔になっちゃう。

そして、3人が同時期にそれぞれの場所で舞台に立つ。
こんな日がくるなんて想像もしなかった。
切磋琢磨してさらにその上を目指していける、そんな、最高の仲間でありライバルでもある人が両隣にいるってほんとにほんとに素晴らしい。
助け合って励まし合って克をいれあって彼らは己の道を進む。
その先に同じゴールが見えてるから今の3人がいる。
そして私もその背中を必死で追いかけてるの。



剛:旅行ね。。うちらも新しい地図の丁度1年の時パリにいたからね。一番最初のムービーで、武器はアイデアと愛嬌というところにルーブル歩いてるんだよね、あるね
慎吾:最近聞いてないんですけど
今行きたいとこありますか?
勿論港区愛はわかってるんですけど
剛:ないですね。疲れるよね、飛行機とか。長くない?あれ。うるさいじゃん(笑)
慎吾:それも含めて楽しいんだよ、旅行は
剛:いやー、辛いよね。パリはほんとによかった。フランスパリは。だから頭から毛嫌いするのは良くないと思ったよね。けど、東京に帰ってきたら自分からは行こうとは思わないよね。
慎吾:飛行機とか大好きだよ。映画なに見ようかな、これしかやってないのか、あれやってんじゃん。見ようかな、でも吹き替えでみるか、映画2本見てよし寝よう、まだ何時間も寝れんじゃん、家にいるときより寝れるーそういうのも楽しいの
剛:あー、ほんと。ないね、そういうの。普通の、地面に横になりたい、そんな感じだよね


ふふふ、
真逆のふたり。
だから自分では絶対思いつきもしない発想をする、お互いの、お互いにない、
魅力にひかれあってるんだよね。
剛くんは慎吾を天才だと言う。
慎吾もつよポンを天才だと言う。叶わないと言う。
そんなしんつよをジェラシー感じながらも見守る吾郎さん。
いいなぁ、この関係性。


剛:今年の大晦日は仕事じゃないんじゃないですか、ねぇ、たぶん
慎吾:うん、まだつよポンは聞いてないか
剛:なんかあるんですか?ないでしょ、さすがに。だってななにーが次の日だもんね。ちょっと時間が違うんだっけ
慎吾:3時。1月1日は3時から。いつもは5時。ちょっと早めに。お正月のちょっとまったりして、31日あけて、なんかやってない?て時間にみなさんにご挨拶を
剛:お詣り行きますか
慎吾:なんかこう、去年はどうしたっけ。アベマがあったのかな
剛:去年行ったね、去年ね、お詣り。そうだ、歌ったんだ。東京タワーの見えるところで紋付き袴着てさ。そのあと、3人でお祓い行ったじゃない
慎吾:お祓い?
剛:あっ、お詣りか。お詣り行ったよ。
慎吾:今年は仕事ないとしたら
剛:行ったほうがいいんじゃない?だってどうせ次の日生放送だからいるわけでしょ。東京にはいるわけでしょ、家にはさ。
慎吾:仕事なかったらほんと。
なんだかんだ仕事があっての、一緒に初詣行ってるよね。仕事ない感じの集まるのはちょっと・・
剛:まあ、そしたらさ、生放送終わりに行けばいいんじゃない。
でも、楽しそうでいいじゃないですか。今年も来年もか。


youtu.be

しんつよ初詣といえば、
必ず思い出す、以心伝心しんつよ~

慎吾ったらこの話を笑っていいとも増刊号でもしたのよね。
紅白終わって、慎吾だけ、東京ドームのカウントダウンコンサートに行ったもんだから
つよポンとはなんの連絡もとってなかったのに

ずいぶん遅くなって神社に行ったら、丁度そこに車が来て、つよポンが現れた

という、まさに運命の出会い。
嬉しいくせに、
“まあいいんですけど、どんだけ合わせてくんだぁ”

なんて憎まれ口叩いてたの。

ノロケたくて仕方ないくせにね。

私はそのエピソードに泣けてきたわよ。
誰も入ることのできないふたりだけの世界

そんな二人の仲の良さを誰よりも目を細めてみてたのが中居くんなの。
今もその絆は変わってないよね。



その恒例のふたりでの初詣に吾郎さんも加わった3人での初詣に変わりつつあるのかな。


慎吾:肉まんあんまん、のけぞり肉まんですよ、ファミマの。ピザマンもうまいのよ。
剛:あれはお母さん食堂じゃないの?
慎吾:違う。のけぞり肉まん。
剛:うまくてのけぞっちゃうの
慎吾:食べて、ほんとに。食べてない?ファミマの肉まん
剛:それ、食べてない。ファミマのチキンは食べたよ。結構貢献したと思うよ。ファミマのチキン
慎吾:チキン?
剛:焼き鳥ね。俺、すげぇ貢献してるから。ほんとにうまいから
慎吾:肉まん食べて欲しい。
のけぞっちゃうよ、気を付けて。のけぞっちゃうから
剛:気を付けますよ。最高じゃないですか。食べましょ、肉まん。正月は肉まん食おう



剛くんがチキン食べた自慢してたけど

youtu.be

ファミリーマートとのタイアップキャンペーンで
ファミチキvs炭火焼とり 販売数量対決実施したんだよね。
焼きとり応援団団長にはじめしゃちょー #私は炭火焼とり派
ファミチキ応援団団長には東海てつやさん #私はファミチキ
そして、剛くんは中間の、#私はファミマ派

私も草彅goodsがほしくてファミマに通ってチキンに焼き鳥買いましたよ。
剛くんの言葉を借りれば、貢献しました。
オリジナルグッズ、わずか1名。その奇跡が我が身におこることをひたすら信じー
まあ儚い夢幻に終わりましたけど。



しんつよミュージックセレクション
今週はつよポン
トータス松本さんのアルバムに入ってる ミュージックって曲。すごいパワーがあるんで大好きです。この曲はすごいいいですね




慎吾:ボヘミアンラブソディ
クイーンのドキュメンタリーというか、の、映画だよね。
剛:俳優さんは有名な人なの?
慎吾:うんとね、でもいろんなとこに出てる人っていってたけど、このクイーン役にはすごい熱をいれて、歯を作っていれたとか。クイーンとしての生活をしようと
剛:今公開中?なんでそんなに評判になってるんですか?
慎吾:だから僕もそんなにクイーン詳しいわけじゃないけど、クイーンを知らない世代とかもこの偉大なる大スターの物語に感動の映画なんだって
剛:実話に基づいてるの?ほんとに
慎吾:そうなんだよね。
剛:あっそ
慎吾:今興味まったく出てないでしょ
剛:ちょっといまいちあれだよね、どういうものか。歌とか歌うの?
慎吾:俳優さんが全部歌ってるわけじゃないみたい。俳優さんこの人だって
剛:ブルーノ・マーズさんみたいな感じじゃない。そんなにみんながいい言うんだったらちょっとね
慎吾:クイーンあんまりだよね
剛:あんまりわかんないよね。
慎吾:そのくらいのアーティストだったら誰ですか。マイケルは言っちゃダメだとしたら
剛:あの、バットマン歌ってた人
慎吾:プリンス。えー、プリンスもあんま知らないでしょ
剛:カリスマ的な
慎吾:だったらマドンナ言えばよかったんじゃない。
剛:あー、だって男でしょ、クイーンて。マドンナ女じゃない
慎吾:クイーンが出てきて。
剛:バンドなんだ。じゃあ、キッスキッスキッス
慎吾:いや、知らないじゃん。知ってるところが欲しいのよ
剛:キッス知ってますよ、バンドだとか、そうじゃないの
慎吾:一番好きな曲なんて曲
剛:キッスの曲知らないもん。メイクしか知らない、メイクしか。クイーンだって知らないもん。どういう曲?聴けばわかるんだね
慎吾:裸でさ、髭こう、白いパンツで
剛:タイツみたいな、髭ちょっとはえ
慎吾:フレディ・マーキュリー
剛:家にその人形あるわ。あるある。もらった。すごい存在感あって。玄関のところとかに、それをわざと置いとくわけ、地面に。そしたら来る客がおーーびっくりするんだよ。持ってる、それ。
慎吾:じゃあ曲いきましょうか。クイーンじゃないけど、曲をかけてみましょうか。この曲聞いてみてください、どうぞ。

youtu.be

ほら
ソファーのうえにいるでしょ。
剛くんを脅かす存在感。
まさにフレディ・マーキュリー
剛くんのYouTubeに時折出演しては私達がざわついているという、そんな謎の物体。
剛くんも彼には一目おいてるのね。
そして、
5歳児さんが顔を出して悪さしちゃうのね。
ドッキリさせて大笑いしてるんでしょ。
そんな顔が浮かんでくるわ。
やんちゃ坊主な剛くん。
そんなつよパパを
冷静な目でみてる、一人娘のクルミ嬢。
草彅家は今日も平和です😁


そしてそして、
慎吾が曲の紹介をひとこともせずに流した曲がこれです



ShinTsuyo POWER SPLASH presents by Hirosima Kensetsu Scenario House│bayfm78│2018/12/09/日 19:00-20:00 http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20181209194417

剛:聴いたことある声でしたけどね。


聞いたことあるとかまあしらじらしい。あなたの声でしょ。慎吾の声でしょ。吾郎さんの声でしょ。


剛:ということでね、楽しいことがまたまた巻き起こりそうなそんな予感しますけど。
もりだくさんですね、今年も来年も

と、さら~と流して終わったけど、楽しいことがまた巻き起こるって

私の、私達の心をワクワクウキウキさせた、この曲のことでしょ。
新曲?ファンミで御披露目しちゃうの?
1月1日のななにーで歌ってくれる?
私達へのお年玉?

あー、あれかな、これかな、
勝手に思いを巡らして楽しむ時間大好きです。
でも、ファンは身勝手だからあまり焦らされると、まだですか?てイラついてくるから(笑)
そのへんのさじ加減がなかなかに難しいところです。
上手に手綱引いてくださいよ、地図さん。

道の幕が上がった

f:id:yumipon0524:20181209063757j:plain

f:id:yumipon0524:20181209065132j:plain
開演の時間が刻々と迫ってくる。

席について周りを見渡す。
まだ空席が目立つがそれもあっという間に埋め尽くされるんだろうな。

本日12月8日は草彅剛主演舞台『道』の初日。
私の初日も有りがたいことに今日。
席は中2階の端のほう。
どんな感じか不安だった。
けれど、座席についてみて大満足。
肉眼で全然👌じゃないの。
ステージも確かに円形だ。
あそこがオンステージシートになるのかな。
あれじゃいいんだか悪いんだかかなり微妙。演出が見ずらいかもに納得だわ。でも、間違いなく至近距離。至福の時間を過ごせるね。心臓飛び出ちゃいそうだ。
いいともの観覧席に近いかな。
など、想い描いてるうちにステージに役者さんがスタンバイし始めた。

あっ、ルヴォーさんだ。
お隣は脚本家の方かしら。飯島さんのお姿が見えないけど・・
と、関係者席らしき場所に気持ちが残りつつ

さあ始まる

ざわざわしてた客席がシーンとしずまりかえる。
息をするのも憚られるくらいの、なんともいえない冷たい静けさに緊張が走る。
なかなか暗くならない。
なんなんだ、この息苦しさは。

後ろの入り口から2名の客がスタッフに誘導されて入ってきた。
着席と同時に暗闇に包まれた。


舞台『道』幕が上がります。

ピエロの軽妙な動きにクスクスと笑いがおきる。
先程までの途方もない緊張も溶けてゆく。
そんななかでのザンパノ登場。
剛くんじゃない。
役者草彅剛だ。
ザンパノだ。
やさぐれた下品で獰猛な男だ。
なんてこと、シャツの下で筋肉が暴れまわってる
重低音ボイスがその感じをさらに強くする。
一気に場内の和やかな空気が変わった。
独壇場だ。
その存在感たるや、痺れるじゃないの。
酒飲みで女にも弱く、ひとりよがりで身勝手な、まさにクソ野郎。
でも、ほんとはガラスのハート。自分に自信がないから強がってる、可哀想な男。
そんな自分だとわかってるくせに認めたくないから、弱いものを側におき、無理やり押さえつけて従わせようとする。

そんなザンパノに、嫌な思いもさせられながら、心が傷つきながらも離れることができないジェルソミーナ。
ザンパノをひとりぼっちにするのが可哀想だから?そんな生半可な優しさだけじゃないでしょ、そこにあるのは。
自分にとって必要不可欠な存在に変わっていったのよ。
そのことに気付かなくて
ザンパノとはまるで違うイル・マットに気持ちが動いていくその様を、
ジェルソミーナの純粋無垢を、蒔田彩珠さんが見事に演じきってた。

二人の距離感がほんとに切ない。
お互いがお互いを必要としあってることを
失ってはじめて気付くのだから。
後悔してももう遅いの。
ジェルソミーナはこの世にはいない。
自分が見捨てた、見殺しにした。
知らないうちに自分の一部になってたジェルソミーナ。
自分で自分を殺してしまった。
その哀しみ辛さ懺悔いろんな感情が一気に込み上げてきてなんとも言えない嗚咽が劇場内に響き渡る。
重くどっしりと。
泣きわめくのとはまた違う重みで胸が押し潰された。
これが現実
それを見せつけられて恐怖がおそってくる。
理屈を超えたこの感覚に身震いした
なんて役者だ、草彅剛。
またしても魂をもってかれたよ。



そして、闇に包まれた。

場内が静まり返る
そして大きな拍手拍手拍手
カーテンコール何回あったか、わからなくなるくらい、大絶賛の拍手の嵐、
最後はスタンディングオベーション
演出のルヴォー氏と脚本家のマッキンリー氏もステージにあがり、キャストを労ってた。

カーテンコールでの剛くん
もうそこにはザンパノはいない。
私のよく知る穏やかで温かくて優しい微笑みを浮かべた草彅剛さん。
最後の最後に座長草彅剛さんから言葉をいただいた

鳴りやまない拍手のなか

“皆さん今日はありがとうございます。
今日から始まりますので最後までよろしくお願いいたします。
ツイートして拡散してください。
気を付けてお帰りください”



何度も言うけどあのザンパノと同一人物なのよね。
恐ろしいお方ですよ、全く。


それにしても見応え十分。
ザンパノとジェルソミーナとイル・マットの3人3様の心理を見事に演じきった草彅剛さん、薪田彩珠さん、海宝直人さんは勿論のこと、この3人を取り囲むキャストの皆さんの熱演あってメインキャストの輝き。

声の張りが違う。
さすがだなと思わせるその動き
間のとり方
スポットライトを浴びなくても影として存在感を遺憾なく発揮してた。

単なる仲良しこよしではなく、切磋琢磨したチームワークで作り上げた作品でした。

ただ、初日とあって船出したばかり。
音響が大きすぎて台詞が聞こえないシーンもあった。
日々手直ししながら、千秋楽に向けてどこまで進化していくのか、
その回その回でしか見られない一期一会の舞台を各々楽しみながら
天才役者草彅剛がどんな道を私たちに示してくれるのか、ワクワクしながら見届けたいと思います。


草彅剛なりのザンパノで思いっきり板の上を駆け巡ってください。

漣さんじゃないけど、
また新たな新生草彅剛の誕生に立ち会えた喜びに感極まっております。


www.cinematoday.jp



映画の名シーン「道 [最高画質版]」 - YouTube


そして、映画見て、五感が覚えてる劇場内の空気をまた感じて、想いを馳せては熱いものが込み上げてくる。


舞台は生き物とはよくいったものです。

繋がる想い

私今気持ちが揺らいでる。
剛だけに向いていた私の心に違う人がはいりこんできた。
その人は高橋大輔

もともと大ちゃんが好きだった。
ずっと応援してた。
大ちゃん大好きなお茶の間ファンだった。
ソチオリンピックの結果はただただ悔しかった。
それでもあのボロボロの体での演技はいまでもチクリと痛みを感じながらも鮮やかに思い出す。
4年前、ソチオリンピック終えたばかりの大ちゃんは、もう限界だと言った。
笑ってたけどその目には無念があふれてた。
そんな大ちゃんが引退した。
心にすき間風がふきあれた。
時おり目にする情報で
大ちゃんが頑張ってる姿をみて嬉しかった。
アイスショーもテレビで放送されるときはかならずみてた。
でも、想いはそこまで。それ以上の深みにははまらなかった。
沼落ちしたくなかった。
沼は、最高の喜びと同時にふとしたときに寂しさを覚えてしまうから。心の痛みと辛さともどかしさも。
剛沼だけで十分。
でもね、大輔ファンのblogを読んでて
私が大ちゃんに惹かれたのは必然だと思った。
一見全く違う道だけど、根底では繋がってることに気付いた。


12月3日NEWS23で、高橋尚子さんとの3回目の対談が放送された。
振り返れば、大ちゃんの節目節目に高橋尚子さんがこうして彼の心の声を引き出してくれてるんです。

1回目
2008年10月、選手生命をおびやかす大ケガをした。
当時はこの怪我から誰一人として復帰できた人はいない、それだけ大きな怪我だった。
手術は成功、それからのリハビリが過酷すぎた。
すべてを投げ出したくても、大ちゃんは、お世話になって助けてくれる方がたくさんいすぎて、辞めることもできなかった。
彼は2週間ほど姿をくらましました。

そんな弱い自分を乗り越えてのバンクーバー五輪

どん底から見事復活したのです。


初対談から4年後ソチオリンピック後、
どこか遠くを見るような目で
「いったんリセットしないとやっていけない」
と話してた。

そして、今回、現役復帰した32歳の高橋大輔

「長い道のりでしたが、やっとスケートが好きになりました」

うつむき加減で照れたように告白し、そのあと、最高の笑顔を見せてくれた。
この大ちゃんの言葉でファンのみなさんは今までのご自分たちの高橋大輔沼への道が間違ってなかったと確信したのでしょうね。

大ちゃんは
スケートが嫌いになって、スケートから離れたくて、引退の道を選ぶ。

現実から逃れたくてニューヨークへの語学留学。

キャスターや声優、ダンスショーに、歌舞伎との饗宴との活躍も
自分がやりたくてやってたわけじゃない。
夢を手探りで探し続けて
そして、大ちゃんはやっと見つけたの。
自分が自分でいるために今居る場所を。

高橋大輔はまた競技の世界に戻ってきました。
それも、大ちゃん自らが一番欲しかった、スケートが好き て気持ちとともに。



彼をずっと追い続けてきたファンの方々はジェットコースターに乗りっぱなしだと言われてる。
そんな大ちゃんの道は、じつは、ご自分の心に真っ正直な一直線の道なんだよね。


そんな感慨に浸りながら
自分の今まで書いてきた一人言日記を読んでたら、剛への愛が溢れてきた。

剛くんの最大の転機はSMAP解散
何が彼らにおこったのか、
とうしてこうなったのか、SMAPメンバー一人一人の口から語られることはなかった。
様々な葛藤があって、
剛くんも全てが嫌になって、
逃げ出したくなって、
慎吾に二人で南国へ行こうとまで言ったほど。

それでも彼は前に進んだ。
自分を見失いたくないから
ありのままの自分でいたいから
先の見えない道を歩いていこうと決めた。
攻めていこうと。

今の剛くんは生き生きしてる。
長年やってきた番組も終わり、民放での連続ドラマにも出なくなった。
活躍の場はネットの世界に移ったけど
それでも今の彼は生き生きしてる。
その笑顔に屈託がない。
縛りから解き放されて自由に大空を羽ばたいてる。
自分らしく生きてる満足感で満ち溢れてる。


大ちゃん沼に落ち、剛への想いを新たに強く感じてます。

想い人はひとりじゃなきゃ、それは本物の愛じゃない

て誰が決めたの?

その人その人に、それぞれの思いがあるら、

自分に正直に
心のままに
すべてを受け入れて
精一杯の愛を捧げていこう


高橋大輔さんが
バンクーバー五輪で、フィギュアスケート男子では日本人ではじめて表彰台に立ったときのフリープログラムで使用した曲は名作映画「道~ラ・ストラーダ


youtu.be




その名作を剛くんが舞台で演ずる。

剛くんと私と大ちゃんがこうして繋がった。

パラフェス2018

f:id:yumipon0524:20181130070016j:plain

親は子供の誕生にいろんな夢を描きますよね。
でも、いざその時になると、
思うことはただひとつ
女の子でも男の子でもどちらでもいい。五体満足で元気な子であればそれでいい

と。


万が一、障害をもって産まれてきたら・・・
我が子の未来に光を見いだせず、
母は我が身を責めるでしょう

ごめんね、ごめんね、と
あまりにも思い詰めて命を絶とうとまでするかもしれない。

この世で惨めに暮らすよりもそれが一番幸せなんだとおもうんじゃないか

私はずっとそう思ってきた。

高校時代からの友人の娘さんはダウン症で知的障害がある。

その事を知らされたとき、彼女にかける言葉が見つからなかった。

“これからが大変だ、可哀想に。
いっそのこと産まれてこなかった方が幸せだったかも。”
ちらっとそんな思いもよぎった。
酷いでしょ。
醜いでしょ。
鬼畜でしょ。
友達に申し訳ないと思った

でもね、彼女はいつも明るく笑ってるの。
子供の障害を隠そうとせず、ありのままを見せてくれる。

恥ずかしくないの?

“我が子を恥じる”
私も子を持つ親なのに。
一瞬でもそう思ったことに吐き気がした。
心の底から思う。
最低だわ、私。



彼女は私の知らない間にとてつもなく強くなってた。
相変わらず細身のおっとりさん。
でも、柔らかくて強いのです。
しなかやで強固なのです。
障害があるからと、子供を特別扱いもしていない。
学校も普通の学校に(こんな言い方もどうかと思うけど)通っていた。

ところが、いつのまにか特別支援学校に転校してた。

どうしたの?
と聞いた私に
“やっぱりね、難しいね”
と、元気に明るく答えてくれた。
でも、彼女の目には光はなかった。


障害者と健常者の壁は厚い。
親友を見ててその思いを強くした

そんなとき、SMAPパラリンピックサポートセンター(パラサポ)の応援を務めるようになった。

2015年のパラ駅伝
SMAPも登場するからという、そんな不純な動機から私も駒沢オリンピック公園にかけつけた。
障害者も健常者もそんなの関係ねぇ。
みな全員が主役、i enjoy してた。

清々しい青空の下で私は
選手の皆さんから 生きる力を貰った。

それからはごたごたした日常のなかでつい見失っていくものをさがしに毎年パラ駅伝に参加するようになった。

去年、はじめて、パラフェスにも参加した。これも内心は剛くんたち来てくれないかな~と期待しての参加だった。
でも、いざ始まったら、目の前で繰り広げられるパフォーマンスに引き込まれ、時が経つのも忘れるくらい、心底魅入ってた。
全盲でも
体の一部が欠損してても
その笑顔は光り輝いてて堂々としてた。
ここでも、私は生きる力をもらった。

そして、今年。
新しい地図の3人がナビゲーターだ。
いそいそと目的地に向けて出発~🎵

気持ちいい青空がひろがってる
風もなく日差しがポカポカ暖かい。
新宿から最寄駅の飛田給駅まで臨時電車が出ていた。
人を思いやる気持ちが身体中に沁みた。
3回目の開催となる今年のテーマは“真剣勝負“

過去最高の6000人の来場者に埋め尽くされた場内のステージで
自分達の戦いを見てもらえることを幸せだと言ってくださる選手の方々

剛くんも慎吾も自分達の役割を心得ていて
その勝負を、1歩下がった後ろから真剣な眼差しで見つめてた。
ピンとはりつめた緊張感漂うなか、
選手二人の真っ向勝負に興奮した。
勝負に勝ち負けはつきものとはいえ、どちらにも勝ってほしい。
手に汗握るとはまさしくこんな感じなのね。

ステージに立つアスリートの一人一人が自分の光を放ちキラキラに輝いてた。
勝負に破れた選手も、結果だけみれば敗者なのだけど、全身全霊をかけて、相手にぶつかっていった誇りで自信に満ちてた。
負けて悔い無し
まさにその言葉がしっくりくる。

そして私は彼らの後ろに寄り添うように佇む剛くんたちを誇らしく思った。
手をそっとさしのべる姿も見えた。
ステージを去るときその後ろ姿に惜しみ無い拍手を送ってた。
今日スポットライトを浴びるのは自分達じゃない。
あくまでもサポート、ナビゲーターとして、穏やかで小気味良い、ほっこりするような会話で雰囲気を和やかにし、選手の存在をより高めようとしてた。
逆境を、前に前に進むパワーに変え精一杯今を生きてるパラアスリートの選手たちから感じたものは、環境を変え、新しい地図を描き始めた3人だからこそわかりあえるのかもしれないね。


あらためて、歌の力、音楽の持つ力も再認識した。

歌ってすごいよ。
音楽は心だ、ハートなんだよ。
勿論テクニックで聴かせる世界も素晴らしいけれど
やっぱり熱い想いが見知らぬ人と人を結びつけるんだと思う。
歌で一体化することができた
そのときのなんともいえない感動は言葉にするのも難しい。

全盲木下航志さん、両腕のないジョナタさん、盲目の小学生ドラマー酒井響希くん、
そこにMay Jさんの歌声が加わって
大きな感動をもらいました。
秦基博さんのライブにも涙した。
そんな贅沢な時間を今年も持てたことに感謝します。


最後にみんなで歌った

雨あがりのステップ~🎵


出来ないのは今誰もやらないだけ
今の僕とむきあおうよ
未来の僕を信じようよ
誰にだって体の奥に潜んでる新しい力があるんだよ
誰もが新しい道を行けるんだよ


という、メッセージに
私はいつだって力をもらってる。
この歌のメッセージと、ここに集まったすべての方の気持ちが見事にとけあって、素晴らしい時間の共有ができたことに心からありがとうございました。と言いたい。



私はおかげさまで健康だ。健康すぎてそれがなによりの財産であること、その有り難みをつい忘れてしまう。
それどころか僻み妬み恨んでばかり。それほど心は貧弱なんです。
でも、こうして、今の環境をまるごと受け止めそれを糧にして力強く明日にむかって努力する人たちが目の前にいる。そんな人達から、自分の弱さを強さに変えさせてもらうことで私は心身ともに健康体になれてる。

そんな場をもっともっとたくさんの人と共有したい。


慎吾が約束してくれたよ。
来年もここでやりましょう。と。

吾郎さんも、
「来年は最初から参加したい」

アハハ、吾郎さん今日遅れての登場は遅刻じゃないってちゃんとわかってるから。
舞台終わってすぐかけつけてくれてありがと。お疲れ様です。

でも、こんなことも笑いに変えて周りを明るく照らす。
剛、慎吾、吾郎さんの雑妙なやりとりがほんとに楽しくて心地よかった。
慎吾はつよポン愛を今日は隠すこともしなかった。
そりゃそうよね、
自分に正直に、そして、力強くて逞しい彼らの生きる道を肌で感じて誤魔化していられるわけない。

目的持って頑張る姿はいつみても気持ちいいし、
自分を見つめなおすきっかけにもなります。
人として成長させてもらってます。


あー、ほんとに素晴らしい空間で楽しい時間を過ごせた。
生きてるって感じたよ



「今流してる汗がこれからの自分を輝かせていくことになる」

剛くんの言葉の重みを噛み締めながら



contents.atarashiichizu.com




https://twitter.com/parasapo/status/1067934495880314880?s=19

しんつよ愛の劇場 11月25日

慎吾:11月25日しんつよパワースプラッシュ始まりました。
剛:あと1ヶ月でクリスマかぁ。
慎吾:終わるね
剛:終わりますね。舞台始まって1日ななにーの生放送もある。あっ、その前にだから、12月2日か、今度は、ななにーは。その日は東京公演の吾郎さんの千秋楽なんじゃない?千秋楽の日だと思うよ。その日が。千秋楽なんだよ。
慎吾:千秋楽って舞台って何時くらいにおわるの?丁度あたってんじゃない?
剛:午前中の昼公演じゃない?だからそれ
慎吾:あーー、前も、京都のときもそうだったかんじ?
剛:そうだ、そうだ。まあまあまあ、ね、いやー、12月ってイベント盛り沢山だからなにかとさ、盛り上がるよね、なんか(笑)
慎吾:そうだね。
剛:うん。一番好きかもしんない、 俺12月。なんか、いろんな意味で今年も終わりと来年新しい年をむかえるみたいな。うん、一番好きかな、12月のためにやってるかもしんない、人生。


剛くん、貴方ってなんてひと。
志が強いな。
ほんとに前向き、
ありのままの今の自分を素直に受け入れて前をみて進んでいくんだね。
その先にある未来を信じて。
人生なにがあるかわからないから面白いんでしょ。
恐れててもなにも生まれないし始まらないものね。


吾郎さんの舞台の千秋楽とななにーが重なる大変さは剛くんが一番よくわかってるはず。
バリータークも千秋楽とななにーが見事に重なったんだもん。

渋谷のスクランブル交差点はこの日歓喜の声で溢れたね。

abematimes.com

その前にスタッフのいーやまさんが

と呟いてて

渋谷?

もしかしてロンドンバスで渋谷通る?
と、予測し、友達が待機してた。
目の前を剛が通りすぎていって、それはそれは興奮してたよ。

そして、私はというと、

その日のななにーライブで、舞台お疲れ様と観覧のNAKAMAと言えた、最高の思い出の日


慎吾:パリ行ったねー
剛:行きましたね
慎吾:パリ行ったねー帰りがさ、つよぽんとごろーちゃんより俺の方が早いっていう(笑)飛行機の時間がね、僕が昼夕方くらいで、二人はそのあとの夜だったんだよね。その時間何してたの?
剛:ごろーさんと買い物に行ったよ。付き合ってくれたよ、僕の買い物も。うん。
慎吾:なんか、ギター欲しいのがあったとか。ギター屋さん行ったの?
剛:そうそうそうそう、行った行った、買わなかった。あのー、レンタルしてくれたギターがすごい気に入って売ってくれねぇかって言ったらダメだ、お前(笑)さらっと断られて、すみません、て感じで帰ってきた。楽しかったよ、ほんとに。楽しかった。また行きたいですね。また行きたいな、パリは
慎吾:ほんとに好きになった?
剛:ほんとに好きになったね。パリでさ、2年目は今度はどこからみたいな話もしたじゃない。さすがに2年目はさ、パリじゃないと思うんけどさ、どっかいれたらいいなと思うしさ。にしても、もう1回行ってもいいかな、と思うくらい好きになったね。
慎吾:パリで撮った写真のベストショット的な感じで、一緒にセレクトショップいくつかまわったときに、本棚がいっぱいあるところで、その前の椅子でつよポンが座ってるところを撮った写真の、モノクロにした白黒のやつを、あれ、どこかな、ツイッターだけにあげたのかな、その写真がすごい。それ知らないでしょ
剛:知ってる知ってる
慎吾:知ってた?
剛:すごいファンの子反応してたもん。僕のファンの子
慎吾:あの写真よかったね!
剛:あれって普通のiPhoneで撮ったの?
慎吾:そっ、この間言ってたポートレートだよ。あんまり使ったことなかったんだけど
剛:楽しかったね、夜もね、行ったもんね、あそこの踊ってる所とかさ。あのーバーレークみたいな。バーレスク
慎吾:うんとークレイジーホース。行ったね。それ話してないね。クレイジーホース二人で観に行った。スタッフの人もいたけど
剛:あれは日本じゃないね、あれはほんとに。
慎吾:面白かったね
剛:大人の社交場みたいなさ。
慎吾:セクシーなショーで。なんだけど演出がはすごい!全然大きい所じゃないんだけど。クソ野郎の世界、あれよかったね
剛:忘れられない夜だったな。美味しかったしね、食べ物も

https://twitter.com/ktrsngofficial/status/1042804228174110720?s=19
これこれ、慎吾が撮ったとっても素敵な剛くん。
被写体への愛とカメラマンへの絶大な信頼がこの1枚から溢れてます。
そして、剛くんが、

“僕のファンの子” と。

この何気ない一言にキュンキュンしたのは私だけじゃないはず。
あやうく萌え死ぬとこでした😘

この日は夜もふたり一緒だったんだね。

クレイジーホースっていわゆるキャバレーなんだ。
キャバレーと言う言葉からは、
世の中の男性がひとときの快楽を求めていくエロティックな娯楽場とのイメージが私にはあるのだけど、
ここには、そんな私の想像を遥かに越えた、芸術的な美学があるみたい。
youtu.be

www.air-travel-corp.co.jp

これは剛が忘れられない夜になったのもうなずける。
クソ野郎の世界観に通じるものがあったのか。
きっと、刺激的で魅惑的で甘美で、自信に満ちたプロフェッショナルな空間なんだろうね。



しんつよミュージックセレクション

今週はつよポン
私はね、和義さんの
何処へ行こう~🎵
て曲を最近よく聴くので
今年も終わりなんですけど、どこへ行こうかな、来年は、みたいな感じで
とても勢いある曲ですので
ななにーの克典さんとのバイクツーリングでもかかってたので
慎吾:あの選曲自分でしてるんですか?
剛:違う。
慎吾:つよポンが好きそうだろうな~ていうのを流してくれてるんだ
剛:そっ、いい感じなんで好きなんだな。斉藤和義さんで
何処へ行こう~🎵




そうなのです。
ななにー徳島ツーリングは、ほぼほぼぷっすまのスタッフさんが担当してくださいました。
剛くんが笑っていられるように
彼の笑顔が絶えることのないように
ありのままの彼でいられるように

いつだって彼を支えてくださってます。
剛くんの羽を休める場所をさりげなく作ってくださるんです。
心の通ったチームなんです。




慎吾:稽古のときはどんな格好で稽古してるんですか?
剛:俺はもうジーンズで
慎吾:ジーンズなの?ジャージとかさ。稽古!みたいな
剛:いや、そんなのあんまり着替えないよね。だって本番ジャージじゃないじゃない。だって。着替えなくていいでしょ、だって。衣装着るんだよ、本番。なんでゆったりしてる服くきてんだよみたいなさ。おかしくない?だって、動くわけでしょ、それで。
慎吾:靴はどうする?
剛:靴はスニーカーだけど革靴でもやるときあるし。役によってどういう靴はくのかなてのを考えてるよね、本番で。それに近いのをはいていったりするけど。だって、本番ではく靴じゃないと意味なくない?それすごい重要でそれっていい質問で 、稽古場の路面と本番で使う靴のグリップって絶対違うじゃん。でもそれすごいいい質問で、考えてる、俺は、どういう接地面の感じなのかな、て。今回の役は革靴だから革靴でいいや。とか。だってさ、そんな動きやすい格好でやんないわけじゃん、本番。あれ面白いよね。ジージャン着てるときもある。革ジャン着てるときもあるよ
慎吾:つっこまれる?周りの人に、冗談の感じで暑くないですか?とかさ。
剛:いや、全然。別にない。思ってるかもしれないけど。でもさ、なんだろ。
慎吾:昔から?ジャージみたいなときもあった?
剛:それは変わったね。体動かして、とか、汗かいて。みたいな。今でも汗かいてるけど。でも、なんかさ、それってなんだろうな、その服じゃないじゃん。
慎吾:なんか、すごいよかったです。なんていうの。あっ、いいんだな。て。Gパンいいんだ。革靴でやんの?この人みたいな。
剛:役によるんだよ、
慎吾:あーおもしろい。




稽古にはジャージとかパーカーとか動きやすい服装だとなんとなく決めつけてた。
剛くんだってそんな時もあったわけでしょ。
でも、確かにそうなんだよね。
本番で着る衣装で板の上を動いてみないと、ほんとの意味での感覚は掴めない。
気持ちも入ってこないだろう。
稽古はあくまでも稽古。
じゃない、役者草彅剛のやる気がずっしり伝わってきた。
そんな唯一無二の役者魂に直にふれて、慎吾はまた草彅剛を天才だという思いをつよくしたんじゃないかな。
凡人じゃない、
感性が全然違う
そもそも視点が常識とは違うんだもの。
でも、いつ、どのタイミングで、なにがきっかけで
稽古着はその時の役によると思うようになったんだろうか。
慎吾に突っ込んでもらいたかったかな。
いつか、そんな話も聞けるといいな。

しんつよ愛の劇場 11月18日

慎吾:しんつよパワースプラッシュパワスプ11月18日です。
剛:はじまりましたね。
慎吾:新春すてきな奥さんの表紙を飾ってる2人ですが
剛:はい、えっ、そんなの書いてありました?
慎吾:書いてありますよ
剛:ほんと?
慎吾:すてきな奥さん、1月お正月発売なのかな~
剛:あー、撮ったね。うんうんうん、なんか男性で表紙を飾るのは初めてなんでしょ
慎吾:そう言ってましたね。稲垣さんと3人で
剛:光栄なことでございますね。
慎吾:光栄ですよ、お正月から
剛:いいですね~
すてきな奥さんの表紙を飾らせていただけるなんて
剛:まだ見てないですけど
慎吾:見てないですか?どっかでみましたよ。新しい地図のインスタかな?載ってましたよ
剛:あっ、ほんと?えー
慎吾:草彅さんがちょっと目をつぶっちゃってたんですけど
剛:表紙でですか?んな訳ないでしょ

www.instagram.com

んなわけありません。

と、完全否定する剛くんの口調から、プロとしてのプライドがはっきり伝わった。
表紙だよ。その雑誌の顔だよ。表紙は売り上げを左右するの。
そんな場で目をつぶるだなんてありえない。
慎吾、その冗談はかなりキツいよ

んなわけない!
剛くんの目はしっかり目はあいてますよ😊
さわやかな色気漂う、すてきな旦那様姿です。

新春すてきな奥さん 2019年版






つよチューバーさん簡単に作れるお弁当のおかずのレシピを教えてください

慎吾:ファミマのお母さん食堂つかってください
剛:「あら、慎吾」って
慎吾:あら、慎吾って(笑)そんなのあった?
剛:あるじゃん、最後。あれはなに?
慎吾:あー、最後にね。おかあさ~ん!
剛:あっ、そうそう。おいしそうだよね。それ食べたことないわ、
ファミマのやつ。
慎吾:お母さん食堂?食べてみて。びっくりするから。安いのよ
剛:あっ、それだな、ファミマのチキンはなんかいつも結構。あれだね、お母さん食堂だね。いろんな種類あるんでしょ。
慎吾:いやもうとんでもない数あるから。それこそお弁当にいれるのもすごい簡単な。チンするだけとか。湯煎するのとか
剛くん:よくできてんだね。そうだね。弁当にはもってこいだね。
ハンバーグあるかな?ハンバーグ食ってみよ




友達で食事いってみんなでシェアしたら1個残ったら、最後に残った1個食べますか?

剛:あー、まっ、ちょっと抵抗あるよね、正直心の奥底では。でも、食っちゃうかな。まっ、なんかいいのかな、みたいな。遠慮だよね。人の、みんなの、モラルというかさ。
慎吾:日本人としてのなにかがそこにあらわれちゃって、あまりよくないって聞いたことあるよね。
あんなときでさえ、1歩ひいちゃってる。ていうか。
剛:でもやっぱりあるよね、そういう気持ちがどっか
慎吾:僕は最後の1個いっちゃうときはいっちゃうけど、いかないときは、その前を多目に食べるよね。人より食べるから、多目にたべてみんな1個ずつになるくらい多目に食べる、みたいな
剛:食べてる人にもよるよね、あとね。
一応確認するけどね、最後1個しかないから食べていい?とか言ったりするけどね。




剛:今年ふりかえる時期になってまいりましたけど、まだまだ今年はただじゃ終わりませんよ、私たちは。慎吾初日はいつ?12月でしょ。12月10日くらい?
あー、じゃ慎吾のほうが早いんだ
慎吾:日本の歴史が12月4日 つよポンの道8日
剛:ごろーさんもう終わってんじゃない?そしたら。えっ?そうか、東京終わったんだ。大阪があるんだね。
慎吾:ほんとに4日と8日ってすぐじゃん。
剛:ほとんど一緒だよね。ねー。いやいやいやいや。今年ももうね、なんですか差し迫ってきましたね。2018年も残りわずかですけど。いやいやいや、いろいろあります
慎吾:つよポンとごろーちゃんのことを最近はよく考えますよ。舞台稽古してて。僕は経験が二人と比べて少ないなかでこうやってやってんだな、みたいな。この感じをいっぱいやってんだよなぁと思って
剛:でもほら、ミュージカルとはまたちょっと違うところもあるから。どうなの、どうなの。なじめる?出演者の人と。
慎吾:もうだいぶ稽古やってきたからだいぶあれだけど。
剛:なんかあるよね、そのカンパニーカンパニーの鋳型というかさ。人数多かったりするとさ仲のいい人で話したりとかさ。なんかあるじゃん
慎吾:でも少ないから。ほんと7人だけだから。つよポンの道は
剛:多いよ。結構多い。20人くらいいるんじゃない。もっといるかな。結構なもんですよ。だいたい僕は彩珠ちゃんといって、16歳の女の子といつもいるかな。ね、舞台はね、いろんな人が関わってさ、歌の指導の先生とか
振り付けの先生とかさ。
慎吾:衣装あわせをしたんだけど、1個ずつ変わっていくっていうかさ、やっとできたと思ったらまたもどってみたいなかんじだよね
またさらに劇場いりっていうの?
剛:そう、場当たりしてね、照明決めたりしてね。だからね、面白いよね。こんなになってんだ。みたいなさ。僕もなんかね、360°円形なの。はじめてかもしれない、舞台で。結構新鮮だよね。
慎吾:全方位から見られるんだね
剛:そう(笑)そう、結構なんか、すごくて、ルヴォーさんて。外国の方の演出って。なんかね、要するに、むこうのかたからみたら、おれらも外人なわけ。だから普通の日本のさ富士山とか、ああいうのもオーマイガて感じなわけ。東京タワーとかさ、当たり前のものが向こうから見たら俺たちにとってはエッフェル塔みたいなさ、そんな感覚があるんだな。みたいな。なんでも興味もってくれたりして、今どういうことなの?みたいな。それがああそうだよな、って。俺たちも向こうから言わせたら外人なんだっつうか。
慎吾:その演出家の方は今日本に来日してるってことなんだね。住んでんのは日本じゃないでしょ。この仕事の期間日本。じゃ、今ホテルなの?
剛:そうなんじゃない?すげぇよ、ルヴォーさん、まじで。おもしろい。感覚がやっぱさおもしろい。
慎吾:僕は三谷さんと。三谷さんと毎日会えて嬉しいよね
剛:すごいよね、でもね、三谷さんね。慎吾と何作やってんだろ。
慎吾:そうか、それ考えたら何作なんだろうね
剛:だって俺なんか1個とか2個だよ。
このラジオ発信だったんじゃない?
burstまたやりたいですね、三谷さん。言っとこ。




そうそう、
パワスプで、「慎吾と二人芝居書いてくれないかな~」て言ったのを三谷さんに伝わって実現したんだったっけなぁ。
やりたいことをどんどん言葉にして出していけば夢はいつしか叶う。
ということです。
なので、剛くんは、三谷さんに思いをぶつけました。

『三谷さんーーburst またやりたい』

剛くんの願いは慎吾の思いでもあり、それは私たちの切望でもある。
どうかどうか叶いますように。

千秋楽で私は確かに聞いたから。
この耳でしっかり聞いたから。

“地方もまわってまたパルコ劇場に戻ってきたい”

て、慎吾の言葉。

彼らは約束は絶対に守る人
いつか来るその時を信じて待ちます。

f:id:yumipon0524:20181119050716j:plain


『道』の公式さんのツイートで練習中の様子がわかるんだよね。
確かに円形です。

どんな舞台になるんだろう。
出演者のツイートから
辛くてキツい大変な稽古だけれど、毎日が充実して楽しんでる様子が伝わってくる。
ルヴォー氏が、草彅剛のなかに眠る魔物を覚醒させるに違いない。
目覚めた魔物がそこにいる人の心を鷲掴みにして支配する。
怖い、だけど、なんという快感なんだろうか。
そう思うと鳥肌たってきた。

メルカリ番長からのお願いです

次はそうきましたか!


メルカリの新CMに草彅剛さんが起用されました。

飯島さんの研ぎ澄まされた感性あっぱだ。
時代の流れに逆らわず、さりげなく便乗していくやり方がにくいんだよなぁ。
そして、ここに、吾郎さんでもなく慎吾でもなく剛くんを持ってきた眼力にも脱帽する。



メルカリ、しようよ~

て、剛くんの叫びには、

うん。するよ~

て、即答したくなるような、そんな力強い響きがある。
しなきゃ、やらなきゃ、て思ってしまう
そこにはいったいどんなお宝が埋もれてるんだろ?
て、ワクワクしてくる。

そんな姿が、剛くんの言葉から見えてくるんだよね。


そういう私、実は、子供がメルカリやってて、不要になった日用品や、こんなものまで?て思うようなものまで出品してる。
私にはガラクタにしか見えないものでも、欲しい人にはお宝なのだからほんと不思議。
その逆パターンもあって、何気に検索してて、これは!と思うものを見つけた時の感激は言葉で表現するのが難しい。
こんなところに隠れてたんだね。
奇跡の出会いだと、めちゃくちゃテンション上がるのよ。

そんななんとも言えない魅力がいっぱい詰まってるのがメルカリです。



しかし、まさか、剛くんがメルカリやってるなんて思っても見なかった。
デニムだって、バイク関連のものだって、ネットで見つけてワクワクしながらいい出会いをさがしてるって、
メルカリ寝不足なんだって。
彼にとっては宝の倉庫
メルカリについて話し出すと言葉が次から次に迸る
饒舌に生き生きと語る
そして、出品までしてることにほんとにほんとに驚いた。

もしかして、同じ時間に同じ場所にいたかもしれないじゃない。
同じ物をみて
一喜一憂してたかもしれないじゃない。
そして、そしてよ、やりとりしてた人が剛本人かもしれないよ😲
お得意の妄想が広がってつい口許が緩んでにやけてきます。


欲しいものが見つかっても値段が高いから躊躇するなんて、

うん百万のジーンズに
ハーレーに
ギターにクラシックカー
あっ、ブーツも革ジャンも

ヴィンテージ大好きな剛くんだけれども

庶民の感覚も忘れてない

何より物を大事にする方
物を単なる物として扱ってない
物にも魂宿ってる
心がある、価値がある
だから、手離すことになっても、愛情たっぷり、
いいところにもらってくれよ、と気持ちをこめる
物に対しても優しいのです。

そんな剛くんはこれからメルカリ番長として活動していくのね。




mercari-special.jp




物を買いたい人は 慎吾のBASE
物を預けたい人は吾郎さんのサマリーポケット
そして、物を売り買いしたい人は剛のメルカリ
と、
この見事なバランス。
飯島さんは常に全体を捉えてる。
女史がしっかり抱えてる大きくて広くて奥行きのある新しい地図には
彼らの未来像がしっかり描かれてるんだから
その場その場凌ぎじゃないってこと。
だから、ある部分だけ切り取って騒ぐ必要はないのよ、うん!




jp.techcrunch.com

そして、なんと、BASEとメルカリ
資本提携してた。
同じビルからスタートしたってことは、
まさに、同じ幹から枝分かれした、しんつよじゃないの。


やっと来たな

て、剛くんの言葉

彼は資本提携のことなんか絶対知らないと思う。
ただ自分がメルカリを寝不足になるくらいアクセスしてやってる、そんな愛着からでた言葉なんだろうけど、

引き寄せたのよ、しんつよの絆が。

もはやそうとしか思えなくなってきた



メルカリに限らず、顔も見えない得体の知れない人とやりとりする怖さは確かにある。
でも
誰もが利用しやすくて便利なの。
間違って購入したものとか、まだ新しいのに必要なくなっちゃったものとか、サイズがあわなくなった子供服だとか、
リサイクルショップにわざわざ持ち込まなくても
家にいながら整理できる。
値段も自分で決められるから
それも楽しいよ。
反応があった時の喜びはすごい。

一度ためしてみてください。
そして、自分に合わないと思えばやめればいいし。
まずはトライです。


24時間メルカリは扉を開いてます。


みんなで

メルカリしようよ~✌


https://about.mercari.com/press/news/article/20181116_new_cm/