yumipon0524’s diary

草彅剛さんが大好きです。剛くんメインのひとり言日記です。

しんつよ愛の劇場 9月16日

今宵のパワスプも楽しかったぁ。
しんつよのプライベートな時間を共有できるこのラジオは、私にはなにより大事な宝物なのです。

【歯医者大嫌いになった話】

剛:最近すげぇ痛い思いして、ほんとにもう
慎吾:なんでいつの間に?
剛:あのね、虫歯が1個あって。痛すぎてちょっと前だけど昨日のように覚えてるわ。今年の4月くらいだ。あのね、麻酔がきかなくて。いろんな人いると思うんだけど、人間て。麻酔が慣れていっちゃうパターンがあるみたいで。慣れていくと上乗せして神経に痲酔射すわけ。それがまず痛いわけよ。神経射すじゃん。だけど痛さが勝ってきちゃって治療してる間に痛くなってくるわけ。もう1回痲酔するわけ。それを4回繰り返して。泣いたね、歯医者で。先生が、ごめん、これは今日無理なパターンです。だったらはやくやめてくれよ、と。脳が痛いことに慣れて覚えちゃってて痲酔がきかないみたいな感じて。もうね、死がよぎったわ、痛すぎて。だからそれ以来結構トラウマ
慎吾:歯医者さん一緒だよね
剛:一緒。だからあの先生言われたくないと思ってるんだろうけど。ほんとごめんて。こういうケーズたまにあるんだと。歯医者さんのミスじゃないんだけど、たまたま蟻地獄にはまっちゃったというか。腕はすごいいいじゃないですか、先生たちって。たまに痲酔の上乗せみたいになっちゃって
慎吾:僕はもう全然大丈夫。身を委ねて寝ちゃう。いびきで起きたりする。痛くても、終われないじゃん
剛:それさ、本当に痛い思いしてないんだよ。もうね、尋常じゃないから。歯の神経ふれられる痛さ。俺ね、もう1回あの痛みを味わうんなら、どうにかなっちゃうよね。人生で一番痛かったわ


今も慎吾と同じ歯医者さんなんだね。
変わらないな。
あっ、ひとつだけ大きく変わったことがあったよ。
剛が歯医者嫌いになってること。
死ぬかと思うほどそんなに痛い思いをしたなら、トラウマになるのも仕方ないけど
それでも病院を変えないのは、なんだかんだ言っててもその先生を信頼してるからでしょ。
でも、すっごく痛かったんだよね。
先生のミスじゃないとわかってるけど、文句のひとつも言いたくなるよね。
歯医者で泣くなんて子供かよー
って突っこみたくもなったけど、
そこは、なにせ永遠の5歳児ですから。







【剛の隠し手帳の話】

剛:月はじめとか。手帳持ってんのよ。隠し手帳を。1年経ったら捨てちゃう手帳を
慎吾:隠してんのに最後は堂々と捨てちゃう
剛:そうそうそう、だから、もう今月ルーブルじゃないですか。だから、すぐ今月入ったときにパリに行くって書いてある。
慎吾:俺がでしょ
剛:いやいや、行くだろうと思ってるから、パリに行くって書いた(笑)
慎吾:すごいじゃん、その願いが叶っちゃうじゃん
剛:そういう感じでね、なんか大きな感じで書くよ。舞台のためにこの月は体を作るとか。それは韓国語で書く。見られると恥ずかしいじゃん(笑)だから韓国語で書くの、それは。俺だけにしかわからない、見られても。
慎吾:僕も書きますよ
剛:あっ、そっち系ね、おれはアナログ系だから。手帳に書くのがいいんだよ


剛くん愛用の無印良品の手帳。いつも使ってるサイズが売り切れちゃって、今年はちっちゃいやつをつかってるんだよね。
慎吾からアドバイスうけて、今年からはシュレッダーにかける約束したよ。剛くん、覚えてるかな。。忘れてそうだけど😅
そして、見られると恥ずかしいからと韓国語で書く剛があまりにも可愛くてなでなでしたくなっちゃうよ。




【しんつよミュージックセレクション】
今週はつよポン

剛:先日ね、私は実は斉藤和義さんの日本武道館のライヴにいってきましてね。いやーよかったぁ、ほんとによかったぁ。言葉が出ない、感動して。
慎吾:一緒に歌った?客席で?
剛:僕?歌う歌う。歌うし、アンコールが、和義さんとななにーでやった、僕のみたビートルズはTVの中、アンコールだよ。本編終わって出てきてあの歌を、そのあと、歌うたいのバラッド。アンコールで。俺去年も大杉漣さんに連れていってもらったの、ライヴね。そういうことも考えるし。漣さんも一緒にみてるのかな~とか。で、歌うたいのバラッド、去年はピアノだったの。それもよかったんだげど。生でギターで聴きたいなという思いもあって。今回はギターだったのね。もう感動して、ほんとに終わったあと和義さんとちょっと会う時があって、言葉に出来ないくらい感動しました。
で、なににしようかなと思ったんだけど、和義さんの曲かけるんだけど、ウェディングソングっていう、結婚する人にむけた歌、それがね、ギター1本で歌ったんだよ、1本で。日本武道館を。なんか、もうね、あー、できるんだなって。なんか。その時のギターがまたね、こういうてつげんじゃなくて、ガットギターっていって、スチールみたいな柔らかい音を出すギターで。それ1本なわけ。ほかのバンドさんもいるんだけど、もちろん、他の曲とかは。なんかもう、声と、そのガットギターっていうのかな、あれって。スチールの柔らかい音で。日本武道館が狭いライブハウスみたいになるわけ。びっくりした!
慎吾:今度連れていってくださいよ
剛:うちらもライヴさ経験あるけどさ、いろんななんかシチュエーションとか空気感に、あらためてだけど、音とか照明とかでなんでもできるんだなって思うよね。行きましょうよ、今度。
慎吾:連れてってください
剛:ほんと感動するよ。話してるだけで涙でそうになるもの



斉藤和義さんへの思いは日に日に深まるばかり。斎藤さんへの憧れと尊敬と、そして、何より
漣さんが繋いでくださったご縁だもんね。

zaccoe.exblog.jp

漣さんに誘われてライヴ行ったときのこと、パワスプでも熱くかたってくれたよね。
その時も、
感動したわ~
最高だった!
やばかったわ~
凄くな~い?

ラストの曲の『ギター』に

“それこそ泣いたね。”



隣に漣さんがいてくださる安心感が剛くんを和義ワールドへ導く。
そして、その世界に瑞々しい感性と純粋な想いで没頭しその空間に溶け込む。

斎藤さんといえば大杉漣さん。
このしっかり結ばれた糸は剛くんのなかで時が経つに従って揺るぎないものになっていくんだろうな。


剛くん自身がスーパースターなのに、斉藤和義さんを前にすると、ほんとに、私のようないちファンになってる、そこに彼の思いのピュアさをみることができて、そこまで人を好きにさせる 斉藤和義というアーティストの偉大さを感じるのです。



【健康つよポン】

剛:この間の ワンナイトカーニバル最高だったね。女の人ってさ、二の腕気にする方多いじゃないですか。ブヨブヨになってるのが嫌なのよみたいな。だから、ワンナイトカーニバル、テ,テ,テ,テ,テレテレ、ワフゥ~あれ、いいですよ。ななにーの1週間は見逃し配信で無料でみれるので、今はあれかな?みれるんだよね、今までのずっと。すごいね。是非とも。ワンナイトカーニバルいいですよ。ちょっとstepで1、2と移動もしますからね
慎吾:太ももとかお尻だったらどうしたらいいですか?
剛:太ももとか、あの
慎吾:おー、席をたちましたね。
剛:あのね、結構意外にいいのがクランクっていうの、ずっと同じ
慎吾:床にねっころがりましたよ
剛:わかりますか?クランクっていう腕立て伏せの。こう肘で
慎吾:腕立て伏せをひじでつくの?
剛:こう、いま、ひじで。これを3分とか。動かなくていいの。けつとか後ろの太ももとか、腹筋もべたっとなるとついちゃうの。つかないで
慎吾:ひじで90度に床につくわけだ、腕を
剛:これを1日3分やるだけで、かなり下半身とか上半身とお腹も引っ込むし。これが面白いのが5分出来たらすごいわけ。到底普通はできないのよ、訓練していかないと。3分からはじめて、次やるときは3分よりか1秒でもながくやってどんどん5分にしていく。僕はまだ5分できないんだけど。
3分30秒くらいかな、今。明日やるんだったら3分31秒でいいの。1秒でもながく。最終的に5分までできるとかなり体が
慎吾:おれは出来ないもんね。横になることが出来ない。気持ちがやろうと思わないから。そこからだよね。


健康とは

リラックスかな。



相変わらずラジオってこと忘れてるでしょ。
慎吾とふたりの世界になっちゃって、リスナー置き去りなんだけど
もうそんなのにも慣れっこな私達に慎吾。
ちゃんとつよポンの動きを教えてくれる。
そんなまったりのんびり、自由な雰囲気がこの番組の良さなんだよね。
ふたりの素顔を覗き見してる、耳で見てるのが楽しいのよ。


健康とはリラックス、
ならば、

私にはパワスプが健康の源になる。
だって、これ以上ないほどリラックスしてるもん。



剛:もういよいよじゃないですか?今日は何日よ、16?このラジオのリスナーのかたは、なんのことかお気付きですけど、香取慎吾くんがルーブルで個展を開くことになりました。何日からでしたっけ
慎吾:19日から
剛:ということはこれは
慎吾:僕はパリにいるかな
剛:これは生放送では、あーりません。草彅くんと稲垣くんもパリにいるのかな。
慎吾:9月19日~10月3日まで
剛:なんか楽しそうだよね
慎吾:もうほんとギリギリまでやってましたよ。
剛:やってましたか。なんかこの間このラジオで聞いたけど
すごいとこなんでしょ、展示させてもらうところが。すごいねー。いやー、僕もまあたぶん行ってると思うんでかなりのテンションでみなさんにその状況を
慎吾:行ってますか?
剛:いや、行ってるでしょ。なにかしら。だって、俺が今月の手帳に最初に書いたのが
パリに行くって書いたんだから。行ってますよ。ここでパリに行かなかったらいつ行くのって感じだよね。楽しみだね、どんな作品が。1個人として、画家?アーティスト香取慎吾の作品を観てみたいですよね。今までのなんだかんだ言ってさ観てはいるけど、ヤンチェオンテンボール
慎吾:バールね
剛:NAKAMAdeARTの、それだもんね。メインじゃないじゃないですか、慎吾の作品の
慎吾:曲を作りました。洋服を作りました。オブジェ的に。アートのひとつとして、服を6着つくって、そこに僕の絵をプリントした生地で服をつくって
剛:本格的だね。
慎吾:いろんな人のお力を借りて
剛:じゃ、あれだね、僕らが想像してるのとは、またひとつもふたつも上にいくような感じだね。服なんて飾ってるとは思わなかったからね。楽しみだなぁ、ほんとに。これは行って伝えないといけませんね。
慎吾:日本からの応援もほんとに力になるから。楽しんできますよ
剛:僕も楽しみます、ありがとう、パリ
慎吾:いつ来るですか?
剛:だから作品が揃い次第行きますよね


スタッフさんの呟き
もしかして、もしかして、ななにーin ルーブル
だとしたら、剛の希望的予定が現実になる。
スケジュール帳には、こうなればいいな、ということも、さも決まったかのように書き込んでおく使い方もあるんだと剛くんは教えてくれた。

そうだよね、港区大好き草彅剛さんだもん。こういうチャンスを逃すと、いつ行くのよーってのも頷ける。
プライベートで行くなんて想像が全くつかないからね。

剛くんの目から見た、アーティスト香取慎吾の世界観を聞くのも楽しみ。
異国の地ルーブルの空気と慎吾の世界がどう溶け込んでるのか、瑞々しい剛の感性がそれをどう捉え、どう表現するのか。

汚れのない心で観る慎吾の描き出す世界
唯一無二の存在の慎吾の夢の実現への扉をあけた剛くんの感動の声が聞こえてくるよ。
たぶんね、慎吾以上に緊張してるよ、ドキドキ心臓が飛び出そうなんじゃない?
あまりの素晴らしさに男泣きしちゃうかな。
香取慎吾のことをまた一段と誇らしく思うね。天才だもんね、剛にとって慎吾は。

ふたりの関係がまた一層深く強くなる旅になるよ、きっと。

あっ、そうだ、吾郎さん。
そこに吾郎さんがどう入り込んでくるのか、すごくドキドキする。

好きって気持ち

人を好きになるってそれだけで幸せにならない?
そっと姿を追いかけたり、そんな私の視線に気付いたのか思いがけず目があって心臓が破裂するかと思ったり、何気無い日常会話だけでドキドキしたり、好きっていいたいのに、その言葉を口にしたらぎくしゃくしてしまうんじゃないか、って思うと想いは秘めたままにしておこうとか、
いろんなことを考えて、頬赤らめたり、意気地無しの自分が嫌になったり、他の子と仲良くしてる姿見てイラついたり、でも、ほんのひと言でも、自分に言葉をなげかけられたら、それだけで薔薇色に輝く。
好きな人がいるってだけで、毎日が変化に富んで生きてるって感じるのよ。
でも、好きだから、辛くなってくる、 胸が苦しくなってくる。
こんなのいやだ、もう逃げ出したい。
何度となくそう思う。だけど、そう思う気持ちとは裏腹に目は彼の姿を追ってる。耳は彼のどんなに小さな声をも聞き逃すまいと聞き耳立ててる。
鼻は彼の香りをかごうとくんくんしてるし、口は彼が大好きだと呟いてる。



私の職場に最近地下アイドルにはまった30すぎの男性がいる。
仕事終えて、髪を整え、仲間とお揃いのシャツに着替え、モンダミンして、グッズを持って、微かに香る甘酸っぱい匂いを残し、東京の夜の街で行われるライブに駆け参じてる。
自分の推しの子の話をしてるときの彼のキラキラ輝いてる顔といったら。
声のトーンがどんどん高くなって身ぶり手振りも大きくなって、もう無我夢中でとめどもなく話が続く。周りが聞いてるか聞いてないか、そんなことどうでもいいのよね。ただひたすら思いを叫びたい。
そんな今が最高に楽しいと彼は言う


かと思えば、、
好きな2人組のアイドルグループがいる。いや、いた。
いろんな事情があって活動を休止してた。
彼らを応援してるファンは、いつか必ず二人揃った姿をみれる日が来ると信じて待ち続けてただろうに。
夜中に突然の “解散しました” FAXでの事後報告。
こんな形で、デビュー16周年を迎える、まさに前日に解散してた現実を突きつけられたファンの想いはどこに持っていけばいいんだろ。
こんな終わりってある?


辛さにも楽しい辛さと絶望でしかない辛さがあって、
楽しいなかでの辛さは幸せだから生まれる贅沢な感情なんだよ。
絶望のドン底の辛さはね、微かな光りもさしてこない、真っ暗闇の世界。
抜け出したい、抜け出そうといくらもがいても、もがけばもがくほど、どんどん奈落の底に落ちていく。
手をいくら伸ばしてもその手を掴んでくれる人はいない。
願いはただひとつ。
好きな二人がそこに並んでいてくれたらそれでいいのに。二人一緒にいてくれるだけで気持ちは落ち着くのに。それだけでハッピーなんだよ。ファンって生き物は単純な単細胞なんだよ。
それさえも叶わず、一方的にサヨナラを言われて、求め続けた思いは成仏できず、ただひたすら、二人を求めて亡霊のようにさ迷うだけ。

SMAPの解散でさんざん味わった身を引き裂かれるような鈍いどしんとくる痛みがまたよみがえってきた、タッキー&翼の解散。

こんな思いをするくらいなら好きにならなければよかったと、好きになったことを後悔してはだめだよ。



安室奈美恵さんが9月16日引退する。
15日に彼女の故郷沖縄で26年間の歌手人生最後を締め括るラストライヴを行った。
引退を発表してからこの1年、

『一つ一つ、きちんと自分の気持ちを伝えることもしたし、きちんと完結したものをこの1年間やってきた』

彼女はこうコメントしてた。

安室奈美恵は自分の青春だと言い切る人たちにとって、彼女の引退はどれだけショックだったか。
でも、そんな気持ちは、安室奈美恵という自身のアイドルを全身全霊で応援することができたこの1年でなんとか整理できたんじゃないかな。寂しいながらも彼女の新しい門出を心からお祝いできると思う。
悔いの無いお別れが出きると思う。
彼女への想いは最高の形で彼女へ還元されていく。

まさに理想の引退の形。
ファンに寄り添い続けるお別れの道



私は時折、なぜこの人を好きになったんだろう、と思うときがある。
胸が苦しいんだもん。息をするのも辛くなる。毎日を平凡に暮らしていきたい。こんなに気持ちが乱れるのはいやだ。たくさん笑ってたくさん喜んで、たくさん感謝して、でも、すっごく不安になって、悲しくなって、怒って心配して、でも、幸せだなと感じて、そんな感情があちこちに飛んで、自分でもコントロール出来なくなるの。
でもね、彼の存在に私は生かされてる。

SMAPは解散しました。
でも、私は、大好きな草彅剛さんに毎日のように会えます。

地上波でドラマが観たい
歌って踊ってバク転して、端から端までステージを駆け巡る剛君に会いたい


ステージが爆発する。イントロが流れる。ステージ衣装に身を包んだ5人があらわれたその瞬間興奮は最高潮に達するんだよ。身震いするの。
怖いくらいに鳥肌たつの。

FIVERESPECT


www.dailymotion.com


CRAZYFIVE

youtu.be



あー、もうたまんない。
そんな彼らに会うことは
今は叶いそうにないけど、剛に会えなくなった訳じゃない。
むしろ、より身近になった。
彼に直接ツイートできるんだよ。
信じられないでしょ。
YouTubeでいつでも彼に会えるんだよ。
ぷっすまは終わったけど、その精神は、AbemaTVの番組のなかで息づいてる。
役者としても、より深みが増した。
新しい扉を開いたからこそ踏み込めた世界で腹の中の魔物がさらに進化してた
舞台という空間で役者草彅剛はさらなる飛躍を遂げていく

眩しいくらいの笑顔と大きな笑い声
優しさと温もりで溢れた眼差し。
その瞳の奥にとてつもなく冷酷な光が宿る役者としての草彅剛の目。
そんな人と出会った私は幸福者なんです。

しんつよ愛の劇場 9月9日

慎吾:9月になった。いやー、僕は書き終わってるはずだね。
剛:パリですか、これ。ついにだね
慎吾:香取慎吾はじめての個展をパリで。9月19日からですね。予定では8月中に全部のの絵が書き終わってるはずですね
剛:あっほんと。楽しみだね。ワクワクだね。すごいね。ヤンチェオンテンバールの絵があれ持っていくんだね。だからフェイクになってるわけですね
慎吾:フェイク?
剛:レプリカか。
慎吾:レプリカね。そうそうそう、ショップに飾ってあるヤンチェオンテンバールの裏地とかに使われてる原画の絵が飾る予定で飾ってあったんだけど、それもルーブルに飾ることにしてたから、あれ、無くなっちゃうと。だからレプリカ同じものをコピーで作って。だけどそれだけだとつまんないから、その上に文字で書いてね、この絵はレプリカです、プラスして絵を足したんだけど。それが観れるのは9月いっぱいくらいかな。その1ヶ月だけは、そのレプリカですと書いてあるやつがお店に飾られてる。



さすが慎吾。

レプリカでも、慎吾の直筆でそんな言葉があるのなら、しかも、絵が書き足されてるなら、来店したみんな、大満足まちがいないよ。
ファンの気持ちに寄り添ってて細やかな気配りにさすがだと思ってしまう。




剛:僕らの頃は校則守ってる人ってほぼいなかった気がしますけどね
慎吾:いやいや何をおっしゃるんですか、堀越賞(笑)
剛:守ってないと思いますけどね。中学のときとかね。堀越はもうさあ、堀越賞私は
慎吾:今はもう言わないみたいですけど芸能コース、お仕事で忙しい人が入る芸能コースに行きながらの、無遅刻無欠席と。普通コースでよかったんじゃないか。そんなに仕事がないのに芸能コースにいたという
剛:普通に高校通えちゃったて言うね。地元の高校行っとけばよかったんだけどね
慎吾:堀越賞っていうんだっけ、それは3年全部行ったからその賞もらえるの?
剛:それも勿論すごい大きいと思いますよ。全部行かなくても取れることは取れるかもしれないけど
慎吾:それは1年にひとり?
剛:いや、3年に。卒業式のときに
慎吾:(爆)しかも、遠くに住んでたからさ
剛:2時間以上かかりましたからね。そういうところも評価されたのかもしれないですね
慎吾:まじで普通の高校でよかった人(笑)
剛:そうだね、まあでも、鍛えられたんだね、それも忍耐力。すべて考えるとあの時期っていろんなもの吸収してんのよ。満員電車に揺られて、眠くても行く、サラリーマンの人の生活もわかる。結構そういった面でも勉強になったね。
慎吾:僕はその経験ないからね
剛:そういうことなんだよ。




鉄板の堀越賞の話。
慎吾の心からの笑い声がラジオから聴こえてくる。
面白がっててもネタにしてても、バカにしてるんじゃないよ。
小学生からSMAPだった慎吾には、学校生活をそれなりに満喫したつよポンがキラキラ輝いてて、そんなつよポンに自分を重ね学生気分を味わってるんだよ。
私にはそう見えるの。

堀越学園に3年間無遅刻無欠席で通って皆勤賞をとった話は、以前ラジオ深夜便でもしてた。
当時は辛かったけど、今となってみると、満員電車に2時間揺られたその3年間は、例えば冬の朝はすごく寒くてコートとか着込んでいくんだけど、車内は暖房きいてるから暑くて窓ガラスとか水蒸気になって霞みたいになってたり、そういう経験がお芝居のなかで息づいてる。電車の中には、サラリーマンもいる。疲れてる人もいれば楽しそうな人もいて、勉強にすごくなった。今の僕に息づいてる。だから無駄じゃなかった と。


剛くんは自分の生きてきた道を絶対に否定しない。回り道も、脇道にそれても、その道を通ったからまっすぐな道に出ることができたとそう捉える人。

役者草彅剛がいま存在するのも、ありのままの現実をまっすぐに受け止め、そのすべてを糧にしてるからに違いないね。
大きな人ほんとにそう思う



慎吾:僕は高校も行ってないけどさ、つよポンの、高校卒業してからの大学の選択って無かったの?
剛:無かったね、全く無い。今って結構大学まで行くよね
慎吾:欽ちゃんが大学生でしょ。欽ちゃんに案内してもらって大学行ったことあるの。いやなんな楽しそうだなと思った。自分が興味のあるものを選んでそれを突き詰めていくことができるからすごい楽しいよ。で、僕も大学入ります!て言ったらまだまだダメだ仕事しろって
剛:すごいよね、欽ちゃんは。


高校生の頃からSMAPだったから、メンバーがいてくれるから、どこか安心してる自分がいて心強かったんだよね。たとえ自分に仕事が無くてもグループに仕事があればなんとか生きていける と思ってた当時の剛なんだから、大学への進学なんて想像さえも出来なかったんだろう。

萩本欽一さんの、
「まだダメだ、仕事しろ」て言葉、欽ちゃんだからその言葉に重みがある。



慎吾:腕時計してますか、今?
剛:無いですね、つけますけどね
慎吾:最近僕はお忙しいみたいで指輪も時計もしてない
剛:珍しいね。絵を描くからじゃない?絵の具とかついちゃうと。やっぱはずすんでしょ、描くときは。
慎吾:勿論
剛:そっか。なんかね、年々つけるの嫌になってくる、指輪とか。なんかね、ほぼつけない
慎吾:でも、俺は付けていたいんだ
剛:なんかね、つけなくなるんだよね。ピアスの穴あいてんだよ、俺。ピアスなんかつけないでしょ。なんだろうね。昔クロム・ハーツとかさいっぱい持ってたけど
慎吾:そんな感じなの?昔クロム・ハーツとかさって
剛:全部あげちゃったよ。でも、2個か3個持ってる指環、だけ。なんだろうね
慎吾:でも俺はしてたいよ。じゃらじゃらしてたい
剛:俺はいいかな。重くない?そっか。しなくなったな・・
慎吾:腕時計は?
剛:は、する、それは好きだなと思うから。幾つか好きなやつはする、気分で。なんだろうね。
慎吾:したいな、していたい
剛:そうね

なんかしんみりしてきちゃったよ。
あんなに好きだったじゃない、クロム・ハーツのアクセサリー。じゃらじゃらさせてたじゃない。
それなのに、「重くない?」て言葉が剛の口から出てくるとは。昔クロム・ハーツとかいっぱい持ってたけど、て、過去形になってることに衝撃を受けた。そして、なんだろ、剛くんの変化に驚いた。

剛本人も慎吾から聞かれるまで、そんな意識がなかったんじゃないか。そういえばしなくなったと、しみじみと独り言のように呟く剛くんに、躊躇いと戸惑いを感じてしまう。
クルミちゃんを迎えたことで、剛くんにいろんな意味での変化をもたらしたことは否定出来ない事実だよね。それほど剛の人生において大事な存在になってる愛犬クルミちゃん。
剛のまっすぐにのびるこれからの道には、このクルミちゃんと歩いていく姿があるんだね。

私の大好きなユニオンジャックの指環は今もあるのかしら。。



しんつよミュージックセレクション
今週は慎吾ちゃん

崎山蒼志さん
高校生、シンガー・ソングライター
ギター1本で 曲タイトルは五月雨~🎵

僕はそこまで良さがわかるところまで聴けてないけど、ちょっとつよポンに聴いてみてほしいなとおもって。
剛:大好きです、弾語る人
慎吾:ギター凄いんだと思う


youtu.be



剛:カッティングみたいなさ、出来ないもんな。
慎吾:やっぱ、すごい?技術として
剛:すごいよ、すごいっていうかあれだね、魂こもってるからさ。それにあわせて、なんだろ
慎吾:こわいよね、高校生であの感じ
剛:ヤバイね。超越してるものがあるね。
慎吾:作詞作曲も自分でしてて


ここでも、慎吾のつよポン愛がこぼれ落ちてきた。
つよポンが好きそうな曲をみつけて、ひとりでテンション高くなってる姿を想像してはホッコリしちゃう。



剛:9月にね、香取慎吾くんがルーブル美術館で個展を行うということで、僕もたぶん行くと思うけどね。どうなんでしょうかね。行きたいですね、行ってやっぱちょっとね
慎吾:ほんとに絵を書き続けてて。難しかったです。
剛:どうですか?どんな感じになりました?新しいのも含めて、完成度とか。ストーリーとかあるんですか?
慎吾:大きい場所なんで大きいのが足りない
剛:あんなおおきいの、いっぱい持ってるじゃん
慎吾:全然小さいの。やっぱりびっくりするよね。
それこそ、ショップのヤンチェオンテンバールに飾ってある服の裏地に使った2枚あったじゃん。あれ、つよポン行ったとき見たじゃん。あの2枚がアトリエの室内に置いてあるとデカイのよ。だけど、ショップのあのひろさに飾られるとあのぐらいなんだな。
展示するところはヤンチャのお店のざっくり10個くらい。もっとダメ
剛:はぁ?あれが10個あるってことなの?慎吾:10個じゃ足りないかも
剛:自分の飾るスペースだよ?まじで?えっ、そんなに広いの?
慎吾:床からてっぺんまで8メートルくらいの広いホールなの。ひろーいでしょ
剛:ヤンチャのお店が8個くらいってこと?あっ、10個以上。
慎吾:来週16?19からなんでもう入ってるかもしれない。
剛:すごいね、すごいわ、それは



慎吾:来週はパリからかな?
剛:パリからかな?いきたいですね、パリに。
さあ、ルーブルたのしみですね~


剛くん、ほんとにルーブルに行きそうな勢いだわ。
ほんとに、行っちゃうんじゃないか、そんな気がする。
慎吾の初の個展、しかも画家ならば誰もが憧れるあのルーブル。目指すゴールといってもいい、ルーブル美術館。そこで1本の幹から
枝分かれした存在の慎吾が個展を開く。
その晴れ姿を自分の目でみたいんでしょ。
誇らしげに自慢したいんでしょ。
そして、ガラスのように繊細な慎吾のハートが不安と緊張で壊れてしまわないように支えたい見守りたいとの想いもあるでしょ。

そばにいたいんだよね。
かって、モスクワ映画祭に慎吾が同行してくれたときのこと、走馬灯のように浮かんできた。スマステの収録も兼ねての応援同行ではあったのだけど、気持ちの通い合う友がいてくれる心強さが緊張をほぐしてくれたはずだもの。




この度の平成30年北海道胆振東部地震により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。皆様の安全と一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
北海道で大きな地震により今もなお苦しい状況の方々たくさんいると思います。
少しでも僕らも力になれればと心から思っております
慎吾:あと、大きな台風がきて被害にあわれた方もたくさんいるし、西日本豪雨で被災された方々もまだまだ大変な生活を余儀なくされてると思います。
剛:少しでも明るい未来にみなさんがはやくなれればいいなと思いますね
慎吾:少しでも皆様の笑顔作れたらなという思いで僕ら自分達の仕事がんばります!
剛:僕らも日本の隅々にまで気持ちはありますのでね、ほんとに辛い方は前を向いて頑張ってもらいたいですね。
慎吾:一緒に頑張りましょう

しんつよからの力強く、それでいて優しく温もりあるメッセージ。

“誰かそばにいる人の力で人は元気になれる”

橋田賞大賞を受賞したときの剛くんの言葉。
忘れられない、このひと言。

しんつよはいつもそばにいるよ。たとえ、遠く離れていても心はいつだって寄り添ってくれてる。だから、人は元気になれる。
そして、笑い声で満ちてくる。
朝は必ず来る。
だから前を向いて頑張っていこう、何が起きようとも、共に頑張ってくれる人がいるから。

10月12日公開です『ムタフカズ』

映画『ムタフカズ』予告編 - YouTube

 

来た来た来たーー

待ってたよ

剛くんの声が入った予告映像がやっと解禁になりました。 

 

“今助けに行かなきゃこれからずっと自分のこと正面切ってみれなくなる。わかるだろ?”

 

アンジェリーノの叫びです。

 

剛くんのコメントにもあった

(愛によって弱さが強さに変わる!)

まさにこの言葉に込められたリノの気持ちそのもののような気がしてくる。

 

わずか1分少々の短い動画だけれどそこから感じたのは

リノと親友二人の声が各々個性を出しながらも前に出すぎてない。耳障りじゃない。バランスがとてもうまく取れてて3人が3人とも憎めない存在。

音楽がまた、西見監督の言葉を借りれば、超イケてるんだなぁ。

その先になにが待ち受けてるのか、ドキドキワクワク、そして、ちょっぴり、後ずさりしたくなる。

 

 そしてキャストも全員出揃って

いよいよ、ムタフカズ号の出航です

mutafukaz.jp

 

 

草なぎ剛出演作『ムタフカズ』に、格闘界からヒップホップ界まで異色オールスターキャストが集結! | NewsWalker

 

 

キャストみて、思わず、キャーーーと叫んじゃった。

だって、そこに、成河さんの名前があるんだよ。

 

ソンハさんと剛とは、

ぼくに炎の戦車を』で共演して以来の仲で、お互いの舞台も予定さえあえば必ず観に行ってる。それに、ソンハさんは、ギターも上手くて、剛にギターおしえてくださってるの。わかんないことはなんでも聞いてくださいってソンハさん優しいんだから。

そんなソンハさんとの声の共演

テンションあがっちゃうのも無理ないでしょ。

 

ソンハさんで大喜びして、そしてここ最近お馴染みになったあの方を見つけた、そして、つい苦笑いしてしまった、

男色ディーノさん。

最初は、私の剛になんてことするのよ!!

怒り心頭だったけど、実はとっても気遣いの方、優しいということがわかってきて、見方が変わってきてるの。

 

kai-you.net

 

それにしても、よくもこんな個性的な方々が集まったもんだ。各界の垣根をこえた、すごいメンバーだよ。

この顔ぶれでどんな化学反応がおこるか、ドキドキしてきた。

たくさんの方に観てもらいたいな。そして、

みんなで面白さを語り合いたいじゃない。

上映館数増えないかな。

18県24館 

北海道、山形、埼玉、千葉(2館)東京(3館)神奈川(2館)茨城、群馬、石川、静岡、愛知(2館)京都、兵庫、大阪(2館)大分

島根、福岡、岩手は11月の公開になるようだ。

あまりにも少ないと、ついつい愚痴ってしまう

 

eigakan.org

今話題の『カメラを止めるな』

わずか2館からの公開が、あまりの面白さにSNSでのくちコミで評判が広まり今や190館超え、動員も100万突破、興行収入も16億超えてる。そしてその勢いはいまだ衰えをしらない。

 

私たちが目指すのはここ。

くちコミで作品をてっぺんまで持ち上げること

いいものはだれが観てもいいってこと。

観なきゃ損だよ。

今すぐ劇場に走れ!

と、声を大にして言うこと

 

 

観たあとで、なんだ、それほどでもないじゃん、がっかりする感想もあるかもしれない。

 

でも、それはそれでいいんだよ。

 

大事なことは

自分で観てもらうこと、

それでどう感じたか自身で判断してもらえたら それで大満足

 

と、私のなかで思いだけがどんどん前に前に突っ走ってますが

 

10月12日公開です。

二枚目から三枚目、汚れ役まで幅広く演じ分けられる草彅剛の演技力を声で魅させてもらいましょう。

指折り数えて待つ日々です

mvtk.jp

 

そして、世界に渡り、字幕版として上映され、剛の声で、アンジェリーノが世界中の人気者になる

 

あー、夢が無限に広がります。

でも、今があっての夢だから

まずは公開を待ちます。

公開されれば自ずと未来は開けてくるでしょ。

どこまでも楽観的です。

 

今更ながらの しんつよ愛の劇場 9月2日(一部分)

リアルタイムで聴けなかった パワスプ をやっと聴いて、慎吾の笑い声にありあまるほどの幸せを感じて、遅まきながら書き起こしてみました。


剛:僕は器械体操の部長とかやったことありますよ
慎吾:へー、部長、なに小学校で部長って言うの?うける(笑)
剛:そっ、今日のマットの敷きかたはどうしますか?ロールマットを1個敷いて
慎吾:小学生で?リーダーじゃないの?
剛:部長。草彅部長っていわれて。部長がやれる種目とか、前転とか、前転のあとに開脚とか
慎吾:そんな、できんの?小学生で。部長職
剛:できるよ、やってたよ、俺。最初と最後
気を付け!どうもありがとうございました。礼
そんときに、おれの穴を浣腸するやつがいて(笑)
慎吾:やべぇやつじゃん
剛:やべぇよ。こわいの、結構、その体操クラブの先生が厳しい人で当時。気を付けっていうときに触ってくると笑っちゃうわけ。したら、先生が、
「草彅なに笑ってんだ」て
その当時だから変な話
慎吾:ぶん殴られたりね
剛:そうそうそう、普通だったから。
慎吾:むかしはね、先生にぶん殴られたりしたもんね
剛:ほんとにそんな感じ、ほんとに
慎吾:そいつのせいじゃん
剛:そうだよ。それが面白くて、そいつは。なんかもういたちごっこだよね。
慎吾:俺みたいなやつだよ。やべぇやつだよ、それが楽しくてしようがないっていう
剛:すっげぇ嫌だったもん、だからおれ、それがあるから。最後の挨拶のとき、けつ、さわってくるから。すっげぇ嫌だった、ほんとに。
慎吾:言わないの?
剛:言った、お前ふざけんな、と。
慎吾:先生違うんです、こいつがケツさわってきます
剛:それは言わない。上手いの、やり方が。しかも、ちょーいっぱいいるから、後ろに部員が。わかんないわけ。ちょっと2、3人のはなれた所からこう。わかんないじゃん、みんな立ってると、ちっちゃいから。一生忘れないよ、あいつ。名前覚えてるから


そうそう、剛くんて、小学生の時、器械体操の部長さんで、オリンピックも目指してたんだよね。
バク転もバク宙も、誰よりもうまく、このときばかりはヒーローだったって。

6年生最後の発表会では友達とふたりで『ウルトラマン前宙』という新しい技を生み出したの。
手前に立っている支柱を飛び越えてから、地上に着くまでに前方宙返りするという難易度の高い技なんだけど、本番で友達は大成功したのに、剛くんは着地が不十分で悔しくて泣いたというエピソード思い出した。


負けずぎらいだからね。相当悔しかっただろうと想像すると、剛頑張れ!て当時の彼に精一杯の声援をおくりたくなってくる。

それにしても、剛部長の話を楽しそうに聞いてる慎吾が可愛い。
小学生の頃からすでにSMAPな彼にはクラスメートとの他愛ない思い出も無いんだろう。
だからこそ、自分の知らない小学生の頃のつよぽんと、自分によく似たやべぇやつとのエピソードに爆笑し、心から嬉しかったんだよね。
いまでも名前覚えてるほど剛の記憶に根強くインプットされてるその彼に剛くんは慎吾を感じてるのかもしれないね。


今世間で問題になってる体罰。指導の一環で愛の鞭だと暗黙の了解があった、昔は。
厳しい指導があるからこその名誉。その厳しさに耐え抜いてきた者にだけ見えてくる栄光へのゴール。
結果が伴わないのは甘えがあるからだと、優しすぎるんだよ と言われてきた
いろんな方がいろんな意見を言われてる。
体罰は勿論あってはならない。
でも、その人の素質を伸ばすために時には厳しさも必要でしょ。
その線引きが難しい



慎吾:これ、AbemaTV見てる人ではじめて聴いてくれてる人もいるのかな
剛:いてくれたらうれしいですね
慎吾:こんなのやってんだ。こんな感じのラジオ何年ですか?23年?4年?20年こえたくらいからさ、スタッフもみんな何年だか把握できてない、25年ではないな、て感じだ。ね。23、4年くらいなの、そんな感じでやってます。


そういう大雑把なスタッフさんたちだから、しんつよの二人も気兼ねなく、自分達のスタイルを崩すこともなく、まったりのんびりのびのびとやってこれたんだろうな。

パワスプは1995年4月に
SMAP POWER SPLASH』として放送開始。
2017年1月1日 『SinTsuyo POWER SPLASH』と番組タイトルをリニューアル
そして、スポンサーがつきました🎉
広島建設様です。
2018年4月1日から『SinTsuyo POWER SPLASH preseted by 広島建設 セナリオハウス』となり、今に至ります。

“ShinTsuyo POWER SPLASH presented by 広島建設 セナリオハウス”がスタート!



2015年4月に20周年をむかえ、
20周年企画もいろいろあって盛り上がったよね。

・スマッシュ21世紀初の生放送

さすがにこのときはいつものスマスマの楽屋じゃなかった。
(祝)スマッシュ20周年アニバーサリーのシャンパンをBayFM様からいただいて、お花も届いてて、お偉いさんたちが勢揃いして、
いつもとは違う雰囲気に、剛はどっきりじゃないかと怪しんでるし、さすがの慎吾も戸惑ってる感じ。
剛は素人みたいにテンパってるし、生放送だから余計なことは話せなくて、それじゃあ、俺の個性無くなっちゃうよ😓収録がいいよ、て愚痴ってる彼がかわいくて仕方なかったな。
そんなつよポンの手綱をとってる慎吾。
この二人のやりとりにどれだけ癒されるか。
この時期にしんつよの舞台『burst』があるんだよ

“この舞台は20周年とは全く関係ありません!” とのコメントが三谷さんらしくて笑った。


・20周年記念ソング
剛くん作詞作曲

シンツヨBe on right!~🎵

“20周年ということで、いつも応援してくれている方を思い浮かべ、そして、慎吾と僕の事も思い浮かべて作りました”


https://youtu.be/hfSrmqxTCII


2016年8月21日の番組の冒頭で二人はそれぞれの言葉でSMAPの解散のことを話してくれた。
そして、番組が21年を迎えていることを報告して、1曲目に選んだナンバーが
この『シンツヨBe on
rights!』

慎吾がダサイ曲だな、と 剛が、ダサかっこいいね、と答える。
そこにある二人の深い深い愛に感動したよ。




映画『ギャラクシー街道』公開スペシャル、SMAP POWER SPLASH!」
と、原宿駅前から公開生放送もあった。

youtu.be


おじゃマップのロケ中に急遽パワスプにおじゃマップするという画期的なこともあった。
しかも、このロケの日は、9月22日。新しい地図が始動した日。これは、偶然なのか、運命なのか。
気持ちが言葉にできないくらい、高揚したよ。

そして、2018年4月より、毎月第1日曜日に、AbemaTV『7、2新しい別の窓』を覗き見するような形で一部お届けする、連動生放送『新しいベイの窓』が始まってます。


パワスプも変化してる。
しんつよ二人が素顔のままでいられる空気感はそのままで、どんどん攻めてる。
攻めてるけれど、そこは緊張感とは無縁の世界。どこまでも自由で弛くのびのびと
心から寛げる場所。
しんつよがしんつよでいられるいこいの広場。
そんな二人が描く地図はどこまで広がっていくのだろう。

しんつよの蜜月を耳で聴き脳内で映像に変換して微笑ましくなり気持ちが安らぐ。

そんな時間がこれからもずっとずっと続きますように。

広島建設様これからもよろしくお願いいたします。

地図を広げて (草彅剛さん)

草彅剛さん


彼の人生の全てといっても過言ではないSMAPというホームから旅立ち

新しい地図を描きはじめ、ユーチューバーとしても歩き始めた。

勿論、この道一筋ではない。

 

おまえはユーチューバーじゃないだろ。

とのコメントもくるんだね。

 

確かに片手間にやってるだけじゃないか、

と思う人もいて当然。

これ一本で食べていってるわけじゃない。

 


始めたきっかけは、

“とりあえずやってみるか。”

軽い気持ちでこの世界に足を踏み入れたかもしれないけれど、ユーチューバーってそんなものじゃないの?誰でも挑戦出来るのがユーチューバー

だからかな、子供たちの間でも将来ユーチューバーになりたいと夢見てる子供たちが急増してきた


だけど、人生そんなに甘くない。入り口は軽くても知れば知るほどその奥の深さがわかってきて、なかなかにシビアな世界だと気づく。

チャンネル登録者数や再生回数が如実に数字になって目の前に突きつけられる。

こうなったら興味半分面白半分なんていってられない。必死だよね。

どんなものが視聴者を惹き付けるのか、見てもらえるのか、高評価してもらえるのか、

それが再生回数として、チャンネル登録として顕著にあらわれる。

 

ユーチューバー定番のやってみた系など剛くんも模索しながら辿り着いたのは再生回数とかチャンネル登録とかそれにとらわれずに自分がすきなことをやっていく、ということ。

 

ここ、大事だと思う。

右にならえ、左にならえ、じゃ、同じ色ばかりになってつまんないよ。

今topに君臨してるヒカキンさんやはじめしゃちょーに追いつけ追いこせにはならない

独自の色を出してはじめて、ユーチューバー草彅の誕生になる。

 

 

そんな意味でも剛くんももうすでに本物のユーチューバーだよ。

自分のスタイルが出来てきた。

ユーチューバー草彅の動画を客観的に見てたら、よく喋ってる自分がそこにいたんだね。

メンバーといるときは、彼らにすっかり頼りきって受け身できた。今はひとり。自分しかいない。自分が黙ると次に進めないし場がしらける、凍りつくでしょ。



パワスプで、慎吾からも、ユーチューバー草彅の喋りが上手くなったと突っ込まれたとき、


「ひとりしかいないんだからしゃべらなきゃいけないじゃん!

からしたら普通な事だよ」


と、答えてたけど。

実は、そんな自分に驚いてたんだね。


構えすぎてたら表面だけで終わっちゃう。その時その場だけの感動ですぐに消えちゃうの。人間て切り捨てるの得意よ。じゃないと、重みで圧迫してしまうから。

だけど、そこにその人の本当の姿が見えてくれば、そうそう簡単には捨てられない。大事に大事に胸の奥にある引き出しにしまい込む。そして、鍵をかける。時々そっと開いて楽しむ。

自分の好きなことをやってるときの剛くんがそう。

剛くんが夢中になって次から次と早口で捲し立ててるのを見てたらそれだけでほんわか幸せになれる。その声を聞いてるだけで、好きだからこその興奮が伝わってきて楽しくなってくる。

面白いのよ。

面白いって人を貶すときにも使ったりするけれど、

最大級のほめことばでもあるんだよね。

剛くんが吾郎さんや慎吾に感じる、“この人たち面白い” て気持ちは愛情から生まれてくる面白さ、一緒にいて楽しいってことなんでしょ、きっと。

3人で未開の地に足を踏み入れて一緒に開拓途上の今だからこそ、いままで気づくこともなかった面白さを感じてるんだね。



彼らが

地図を広げて1年になります。

剛くんがこんなメッセージを残してくれた


『1年前これからスタートと思ったけど、さらにこれからじゃないのかな。より加速していく、そんな気がする。この1年ファンのみなさんからすごくたくさんの幸せをもらった。次の1年はさらにドキドキ楽しんでもらえるようなことを考えていきたいと思っています』



期待と喜びとワクワク感で胸いっぱい。

これから私もさらに地図を広げていく。

そして、そこに足跡をたくさん残す。

私の道標は草彅剛さん

クルツヨ父娘

剛くんのクルミちゃんへの愛情は
日増しに深まっていくんだね。
クルミちゃんも、そんなパパの愛情を一身に受けて、適度の過保護と、縛りのない自由に、犬の姿をしてるけれど、心は、人間の子そのもの。さみしがり屋のあまえんぼさん、でも、それを素直に表に出せないツンデレでもあるの。うふ、ほら、つよパパの側にいるあの方みたいでしょ、クルミちゃんのお友だちのあの人と同じ匂いがするよ。
あまりほったらかしにされてると、ストレスたまって、パパの手を甘噛みし始める。
かまってちゃんになっちゃうの。

“そんな子に育てた覚えはありませんよ。”

パパであり、ママである剛の言葉

娘の生理日まできちんと把握してて
それに伴う女の子の複雑な心理もわかってる。

クルミちゃんのことをいつもふっくらと包み込むように愛してる。



youtu.be


草彅クルミちゃん

体はすっかり大人になりました。


剛くん、子供は欲しいって以前は話してたでしょ。
クルミちゃんを迎え入れて、彼女との生活のなかで、
クルミちゃんは、愛娘であり、彼女でもあり 、友達でもあり、妻でもあり、彼にとってのすべてになって
クルミちゃんの遺伝子を受け継ぐ子が欲しくて仕方ないのか
どうしても彼女に子供を産ませたいんだね。



人工受精と聞いて、驚いた。
お見合いもしたようだ。
うまくいけば10月頃にはママになってるかもって。
産まれてくる子の数によっては、引っ越ししなければならなくなるらしい

今住んでる場所、泥酔事件があったとき
マスコミからあれだけ騒がれ、自宅も特定された、
それでも引っ越しせずに住み続けてるほど、お気に入りの場所。
その自分のお城をクルミちゃんのためなら引き払うことも視野に入れてるなんて


どこまで深い愛情なんだろ。
自分を犠牲にしてでも守りたい、それほどの大切な存在にいつのまにかなってるんだね


“産むとき涙がでるかもしれない。
ほんとうに愛しくてね
クルミと出会えたことが僕にとっての奇跡”


剛の大きな大きな転機となる別れがあった。
そしてそんなとき、クルミちゃんと出会った。
神様からの贈り物としか思えないような、剛くんと出会うために生まれてきたかのようなクルミちゃんとの出会いだった。
そして、彼女といっしょにいろんなことを乗り越えてきた
彼女の存在が剛の心を穏やかにした。
とんでもない闇の中に突き落とされた時もクルミちゃんという光に助けられた。
そして、今、彼があんなに明るく爽やかに前向きにいろんなことにチャレンジしていけるのも、穏やかな日常が草彅剛という人をよりいっそう強くしてるんだと思う

そんな今や自分の分身かのようなクルミちゃんの子を楽しみに待つ草彅剛さん。

フレンチブルドックの出産は帝王切開だと吾郎さんがラジオで話してた。

剛くん、立ち会い出産希望するのかな、そんな気がしてならない。


剛くんの涙が見えてくる。
新たな命への、なんともいえない感動と喜びと、そして、妻となり母となった愛娘の成長を見届けた寂しさと。
いろんな感情が入り交じった、とっても綺麗な涙

そんな涙がポロポロこぼれ落ちて来るんだろうな



剛パパお手製のハウスに
パパの温もり感じながらまったりとした姿のクルミ
こんな顔されたら、愛しくてたまらないよね

f:id:yumipon0524:20180901071357j:plain


私に幸せをもたらしてくれるこの父娘の軌跡をずっと追い続けていきたい。