読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumipon0524’s diary

草彅剛さんが大好きです。剛くんメインのひとり言日記です。

サクラの強さ

お気楽大好き読んで思うことをつらつら書き記してみようかな。

満開の桜と剛くん。大人の落ち着いた桜満開です。パワスプで慎吾とお花見の話してたのは4月に入ってすぐ。

慎吾「なんかの映画のときかなんかにいったことあるよね。お花見時期だったよね。撮影の合間にお花見みたいにバーベキューするからこない?て行ったような感じが」
剛「思い出した。あそこ、いいよ、緑があって」
慎吾「お花見しようか?今度どっか行こうか。このラジオで。お花見行ってみる?」
剛「いいの?外でラジオ録っちゃっていいの?」
慎吾「わるいこと今までいっぱいやってきたでしょ」
剛「いいんですか?」

と、こんな会話してた。
山のあなた』のときなんだよね、確か。

田中要次さんのblogによるとー

気が付いたら、出演していないS君も賛同していて、ずう~っと料理を作ってくれてたみたいだ。
そして草なぎ君たらちょっと飲み過ぎたようで、とても愉快な人になってたよ。


http://babibox.blog78.fc2.com/blog-entry-139.html?sp

このSくんて慎吾のことだよね~
桜散ってきたけど、慎吾といっしょならどこでもいいでしょ。ピクニックセットに手料理のご馳走たくさんつめて東出くんに助手席を奪われたことを僻んでた(笑)あのクラシックカーで(今さら乗りたくないかもね。高田くんもユースケさんまで乗せてもらってるし)ドライブがてら行っておいでよ。


お気楽のスタッフさん、もしかしてこの日のパワスプ聴いてた?お花見まだ行ってない剛くんのためにその気分を味わってもらおうと撮影場所に桜満開のこの地を選んだのかな。そんな気がしてきた。

冬のサクラ啓翁桜
小岩井農場の一本桜、震災にも耐えたんです。あんなに上品で美しく優しい花なのに大地にドンと根をはって、どんな激しい揺れが続いても倒れなかった強さ。強靭な精神と肉体の持主だった。どこか剛くんを彷彿させる。
クランクアップのときの剛くんのコメント忘れられない。
『スタッフの皆さんキャストのみなさん、いろいろとご迷惑もかけてしまったと思います。
いまは一言では言い表せない複雑な想いがあります。東北地方で大地震が起き余震も続く中、みんなで撮影をしていたということ。
今も安否がわからない方がたくさんいらっしゃる中で、僕らには何ができるのだろうか? と思いました。
そんな大変な中、本当にみんなが今できることを精一杯やって、撮影が一日も止まらずこのときを迎えられたことは、ある意味奇跡だと思います。
そして僕らはこの作品に、結果的には助けられたのかなとも思っています。
本当に、罪のない方がこんなにも多く亡くなってしまい、胸の痛い想いもたくさんありますが、僕らの仕事は“夢”や“希望”を伝えることだと思うので、またみなさんといい作品を作っていきたいと思います』


ドラマ終わってから1ヶ月経過。ギターにドライブに友達とのご飯。こんなに時間があるのは今までなかったからね。と彼はさらっと書いてる。私はさらっと読み流せない。自分の器の小ささが恥ずかしい。

朝起きて日が出て暮れてまた眠る。当たり前の日常のありがたさを知ったからこそ、純粋に今を楽しめているんだね。1日を家でゆったり過ごす時間はとても大事。でも、時間に追われない生活、目的なくのんびり過ごすのも続けば意外とストレスになるんだよ。そんなこんなを感じつつ、友達のためにご飯作ったりするのも楽しんでるよう。剛が一緒にいたいと思う友達は理解のある素敵な人ばかりなんだものね。
パワスプで『へこい』を聴いて剛のお母さまを思い出したばかり。剛の母ちゃんはきっと細かいことを気にしない、海のような方なんでしょうね。芯が強くて逞しく、懐が深くて温かで、情にあつい、内側からきれいな方。剛くんからそんな母ちゃんが見えてくる。“草なぎ剛の母”なんて気取りは欠片もない、ごく普通のお母さん。そんなお母さんだから剛くんもまた芸能界の闇色に一切染まることなく少年のままの心と目を持ち続けていられるんだわ。

『嘘の戦争』ほんとに素晴らしい作品だった。いい作品に巡りあえてよかった。「財産がまた1つ増えた。」自信を持ってそう言いきるくらいの感触を肌身で感じてるんだね、剛くんは。
打ち上げで漣さんと直さんと剛くんの3人でのセッションを楽しみにしてたのに……なぜそこに大杉漣さんがいなかったのか、その理由がわかってスッキリ。お仕事で打ち上げには参加できなかったのね。
きっと漣さんも非常に残念に思ってくださってると思う。剛くんがギターに興味をもったのは、二都物語の稽古の合間に、漣さんと小澤征悦さんとのセッションを聴いて感動したからだもの。直さんとのギターでのセッションにマギーさんがパーカッションで参加したこと、マギーさんが呟いてた。

ギター練習してまた曲作ろうって剛くん。
そうだよ、心のままに、溢れてくる言葉をギターの音においていけばいいんだよ。
剛くんの今の声を、心の声を知りたい。剛くんの作る曲は不思議とハートに残る。聴いてる者の内側にそっと寄り添ってくるし勇気と元気が自然に沸いてくる。「 beetle」にしかり「しんつよBeOnRight」にしかり「マウンテン・ロック」にしかり。
だから構えないで、ありのままの言葉を紡いでいってほしい。そしてまた私たちに聞かせてほしい。


テレビをつけたら、木村くんに中居くんに会える。番宣で各局、各番組を飛び回ってる。SMAPとしてではなく、個人活動まっさかり。SMAPファンとして毎日が嬉しい悲鳴なはずなのに、
でも、違うんだよ、私は剛じゃなきゃダメなのよ。ほかの人じゃ、このぽっかりあいた穴は埋まらないの。
私が一人勝手に悶々としてた間、剛くんは今までにない休日を、当たり前の日常をおくりながらも立ち止まっていなかったよ。振り返って過去を思い出し懐かしんではみても、浸ることはしてなかった。

『僕はこれからも頑張るから。任せて。』

この力強い言葉がどんなに私を元気付けたかわかりますか?
これからどうなるのかわからない、何が真実で何が嘘なのかもはっきりしないなか、余計なことに思い悩んでた自分が恥ずかしくなった。


あなたは優しい人です。
1日1日を大切に生きてる人です
あなたの柔らかな微笑みが、
あなたの静かな強さが
私にはばたく勇気を与えてくれるのです。

この萌奈美さんの祐への言葉は私の剛くんへの言葉でもあるの。