読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumipon0524’s diary

草彅剛さんが大好きです。剛くんメインのひとり言日記です。

桜としんつよ

剛「4月にはいりました。」
慎吾「ねっ」
剛「入学式とか卒業式とか新しい門出の始りなんじゃないですか?」
慎吾「そうなの?」

この、慎吾の、『ね!そうなの?』
がね、実に可愛いのです。いつになく素直な感じがして、何回も聞き直してしまった(笑)
4月1日今年は土曜日だからどうなったのかわからないけど、フジテレビの入社式だよね。剛くんのなかでその記憶が甦ってるんじゃないかと思ったらなんだか辛くなってきたよ。剛くんはもう前にすすんでるのに、わたしは相変わらずそこから進めなくてウジウジしてる。はー、情けないわ。

慎吾「なんで今写真撮ったの?」
剛「Oggiに載せようかなっと思って」
慎吾「自分の置いてあるギターを」
剛「そうそうそう、写真撮らないといけないわけよ、毎月。やべぇと思って。あと3日くらいしかないと思って。全然撮ってねぇと思って。これいいやと思って。ギターの写真は何度も撮ってるんだけど。しんつよパワースプラッシュ、いつもギターやってんの。それでいいじゃん。話になるじゃん、このスタジオみたいな。その1枚です、はい!」


慎吾、素敵な情報引き出してくれてありがとー。わくわくしてきたよ。来月号かな再来月かな、いつのOggiに載るんだろう。パワスプをどんなとこで収録してるのかも気になってたから。フジテレビの楽屋というわけにはいかないでしょうし。楽しさ倍増してます。わたし、テンチョモ~✌
しかもそのギターって1957年製のJ50。ライヴの時にも使ってたって。もしかして藍色の?ますます気持ち高ぶるじゃないですか!ライヴ行きたいよ。SMAPのライヴに行きたいよ。やりたいことたくさんあったのに。終わりが来ると知ってたら思いきってチャレンジもできたのに。まだまだこれからいくらでもチャンスはあるからと先延ばしにしてたこと、私にもいろいろあるんだよ。それが本当に悔しいの。


子どもの頃のお小遣いの話から
慎吾「今はお金の管理自分でしてんですか?」
剛「勿論してます。自分で好きなもの買えるね。お金はつかったほうがいいですよ、やっぱりあるときはね。そういう感じです。そんなお金持っててもいつどうなるかわかんない。健康が1番ですよ。だから。お金をためるってのがよくわからないというか。僕は持ってないほうがいいと思う(笑)」
慎吾「でもそんな感じの人だよね。あんまり豪快な感じもしないんだよね、飲め飲め食え食えみたいな」
剛「人におごったりするのもあんまりやだ。自分に使いたいよね、正直。自分に使うのがいいんじゃない」

剛のお金の管理慎吾がしてるんじゃないの?
そんなはずあるわけないでしょ。周りの友達は笑ってたけど、私は信じてたんだよ。もうやってないのね。自立しちゃったのね、ショック😨
剛に持たせてたら危なっかしいのに。
でも、そこのとこ自分でもわかってるみたい。わかったうえで、お金はつかったほうがいいという考えならOKよ。経済をまわすためにも、持ってる人がお金を落としていってくれないと困るから!
でも、剛くん、ちょっと正直すぎる。もう少しオブラートに包まなきゃ、言葉はし折られて変な誤解を生んじゃうよ。そんな小細工できないのが草彅剛で、そんな彼が私は好きなんだけど、純粋すぎるから、心配にもなっちゃう。

鮭の塩抜きの話から濃い味が好きな人が多いとなり、なんと、話題はユースケさんに。
剛「ぷっすまで収録してるときに味ついてんのに塩くれって言うわけ、すげぇ、めんどくさいわけ。食えばいいんじゃん、そのままで。番組なのに。半分きれてるわけ、いつも。ロケ先の店でも塩くれって言うわけ。俺基本的に信じられないわけ。すげぇ味ついてんのに塩くれって言うわけ。ほんとう、変だよ、あのひと。ほんと、おもしろい、あの人。おもしろいよ、変わってるもん、ほんとに。ずっとは一緒にはいれないよね、たまに一緒にいると面白いなと思うけど。大好き大好き。ほんと好きだよ、ユースケさん。おもしろい。いっつも焦ってる。空回りしてる。でも、真剣なんだよ、本人は」

まさか、ユースケさんの話をしてくれるなんて思いもよらなかっただけにサプライズな、嬉しさ。好きだからこそ、あれこれ言えるんだもんね。しっかりと思いは通じあってるって信じてたけど、はっきりと大好き宣言してくれて剛くんありがとう。今やユースケさんも剛くんに必要不可欠な相棒。絶妙なコンビネーションはナギスケだからこそのもの。
ユースケさん、このラジオ聴いてくれてるかな?そんなわけないか(笑)
でも多分、ぷっすまのスタッフさんは聴いてくれてると私は思ってるから。
ユースケさんに伝わるのも時間の問題。そのときのユースケさんの顔浮かんでくるよ。喜ぶだろうな~
ぷっすまナギスケの大事な居場所だもんね。慎吾もぷっすま観てくれてるようで嬉しい。


剛「パンツとか靴下とか1回全部捨てて新しく全部買い直そうと思ってるんだ。実はそこがおしゃれというか、見えないところをおしゃれしようと。パンツとか伸びてても見えねぇからいいや!て感じなのよ。結構ボロボロになってるのはいてたり。それってあんまりかっこよくねぇなって思って。靴下も普通の黒とか好きなわけ。それってびみょうに互い違いになっちゃうわけ。よくみると全然違う。全部捨てて新しく買おうかな、そんな感じ?」
慎吾「俺はTシャツで攻めたいわけ」
剛「俺はパンツと靴下」

外見をハイブランドで飾り立てても見えないところのお洒落ができてないと、見せかけだけのかっこよさでしかないって、この二人はわかってるんだね。本物のシャレオツだよ。
下着ね、私もクタクタかな(笑)見えないからいいや!てつい思っちゃう。貧乏臭いなと思いつつも、まっ、いいか!てなっちゃう。誰に見せるわけでもないんだけど、自分磨きするにはまずはインナーから。気を付けよっと。


春ですね、と、話はお花見になり

慎吾「なんかの映画のときかなんかにいったことあるよね。お花見時期だったよね。撮影の合間にお花見みたいにバーベキューするからこない?て行ったような感じが」
剛「思い出した。あそこ、いいよ、緑があって」
慎吾「お花見しようか?今度どっか行こうか。このラジオで。お花見行ってみる?」
剛「いいの?外でラジオ録っちゃっていいの?」
慎吾「わるいこと今までいっぱいやってきたでしょ」
剛「いいんですか?」


ウフフ、ふたりのやり取りが楽しい~
慎吾がお呼ばれしたバーベキューみたいなお花見って、『山のあなた』のときじゃなかったっけ。確かそうだったと記憶しております。
外でラジオ録ったこともあるじゃない。地方でのライヴの時とか。
悪いことってなんですか?具体的に教えてくださいな(笑)
慎吾Pが動いてくれたらお花見しながらのパワスプの実現期待できるね!慎吾にプレゼントした、ピクニックセットの出番だよー。できることなら公開録音でお願いしたいとこです。


剛くんは、4月になって暖かくなってきて花粉症に苦しんでるみたいだね。目は痒いし鼻水でるし。喉の痛みはないようだけど。目なんか1回掻くとずっと掻きたくなるんだって。あんまりいじると痒いから自分を騙してる感じだとか。でも、免疫力上がると大丈夫でそこまで重症じゃないのが救いだよね。
家のなかでもダメ。窓開けたらダメ。でも、窓開けたいし。お風呂が一番楽。蒸気は花粉には効果的なんだ。

剛くんと花粉症とのお付き合いはもう10年近くかぁ。

彼にとって花粉とは
【ここまでくると慣れたもんで、春がきたなーて感じ。季節の風物詩みたいな、そんな感じになるんだ。でも、急にやって来るから、風邪ひいたか!?て最初は焦るよ】