読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumipon0524’s diary

草彅剛さんが大好きです。剛くんメインのひとり言日記です。

ココカラ

いやー、温かい余韻残る、いい終わり方だったね。いや、終わりじゃないや、それぞれの始り

冨生は金の亡者になったかのような、そんな感じで私たちの前から姿消していったけど、浩一は明らかに違う。30年間縛り付けられてた復讐という名の闇から解き放たれ、やっと本来の、本物の彼としての
新しい人生が始まったんだもん。

うん、何度も言うけど、ほんとうにいい感じの過去との決別。

楓「私も嘘つきだよね、憎むよ、ずっと、あなたのこと。」
楓の最高の嘘にたまらなくなって思わず近寄って頭なでる。
「ごめんな。」

もうさ、口を重ねるよりも、濃密な愛が漂ってた。
二科興三の一番大切な者だから奪う!最初はそれだけの思いだったのは間違いないけど、あれだけきれいな気持ちをぶつけられたらどんな悪も逃げていくよね。嘘は真にかなうはずないもの。
本物すぎて、9歳のあの日から生きてる実感がない、虚無の浩一には眩しすぎたのかも。

お互いをみつめあう瞳が語ってたじゃない、言葉にできない思いが。
きっと楓の前にそのうち、運命の糸で結ばれた彼が現れるよ。浩一がその扉を開いたんじゃないかと、私はそう感じたの。


詐欺師は騙したり騙されたり。済んでしまえば恨みっこなし。
この世界観ちょっと羨ましい気もするんだなぁ。やったもん勝ちになるんだろうけど、実に爽やかなんだもん。百さんたち。

晃兄さんにも見事に騙されたよね。『そんなに思い詰めなくてもいいんだよーー』
私がどれだけ心配したか。
俺が終わりにしなきゃって、浩一を刺したのかと思って絶望してたのに。
浩一がしかけた罠だったとはね、、(笑)

実は生きてるって隆も安堵してるし、騙されたのに。
結局、浩一のこと、楓は勿論、晃も隆も好感持ってるってこと。
いいやつだってわかってるんだ。


楓の、小屋での映像はトリックだとは思ってたけど、憎しみが憎しみをさらに生んで、ほとうにスイッチ押したとばかり思った。
浩一ーーー、地獄に落ちたのは自分じゃないの。。。。
二科興三の泣き崩れる姿見れて満足したの?自分と同じ地獄を味わわせてスッキリした?


騙されたわ。まんまと浩一に騙されたわ。どれだけ、ドキドキハラハラさせたと思ってるの?浩一の振り絞る声、こらえてもこらえてもこぼれ落ちる涙、胸がしめつけられて苦しかったんだよ。彼の流した涙は嘘じゃないから。真の涙だから。

『復讐なんてべつの悲劇と憎しみを産むだけだ。』
隆の言葉にも一理ある。でも、そんなことも浩一はわかってるんだよ。だからデータ盗むなんてことこれっぽっちも考えてなかったし、百さんの提案もけったじゃない。

でも、復讐のために、百さんが勝手にやったことで自分は知らないと弁解もせず、それを利用せざるを得なかったんだよね。
そこまでして復讐しなくちゃならないの?
と、思ったりもしたけど、
浩一の復讐劇を最後まで見届けた今、
重苦しく辛い気持ちも消え、温かい気持ちしか残ってない。

だって、みんなにとってこれでよかったんだから。
守さんだって、やっと親友との約束を果たせたし。
浩一からハルカへのメッセージに、生き生きしてきたハルカの顔は恋をしてる乙女の顔。相棒だから。が 好きだから に聞こえたし。


何度も言うけど、過去への明るい決別、光が射してる今日明日明後日、ココカラまた始まるの。


また、いつかどこかで会えるよね、天才的な詐欺師さん。すでに騙されたくてうずうずしてます、わたくし。


f:id:yumipon0524:20170315090947j:plain