読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumipon0524’s diary

草彅剛さんが大好きです。剛くんメインのひとり言日記です。

ありのままの君がいい

「お母さんが剛以外の人のドラマみてるー!」子供が急にトンチンカンな奇声を発したからびっくりしちゃった。
言われてみれば、リアルタイムで観ることはまずない、他の番組。深夜に録画を観てたから家族が知らないのも無理ないか。

私だって、剛以外に好きな俳優さんや気になる俳優さんくらいいますよ。

て、感じで、毎週欠かさず観てるドラマひとつあるんだけど(ひとつだけかい!て突っ込みを自分でいれちゃう(笑))主演の方をもうそれこそ私が10代の頃から応援してる。その男優さんの奥様を大好きだった私。今でもそうの想いは変わってない。強くなる一方。剛くんとはまた違う私の中の神域にいられる方。その方が選んだたった一人の男性だからね、私も大好きなの。若い頃は、ただこれと言って個性のない、端正な顔立ちだけの男優さんで将来に不安あったのに、歳を重ねて、いつのまにか、存在感ある、キャリアに恥じない俳優さんになられたなと上から目線でみてるのです。まあ、彼のことを話し出すと、奥様への想いを熱く語り出すことになり、もういいよ、とリア友からもうんざりされる話を長々と書くのも大問題なので(笑)
やめときますが。
その番組にね、前クールで見てたドラマの役がものすごく素敵でセクシーで可愛くて、でもとんでもないクズ男を演じてた男優さんがいたの。そのクズ男ぶりが憎めなくて愛しささえ感じてきてね、ほとんど知らなかった俳優さんなんだけど、一気に株上昇、気になる方になってたのに。今回のドラマでのその男優さんに、私の好きだった面影が欠片もなくて、魅力もなんにもない、つまんない人になってた。彼特有の個性が生かされてなくて。役柄でどうにでもなるんだね。
他にもね、見知った顔がいきなり映って、あー、六反田さんだ!銭の戦争の、黒田部長だ!て、テンションあがっちゃった。俳優さんの名まえ知らないけど、役名ならすぐ出てくるよ。こんな覚えられ方、俳優さん側からしたらどうなんだろ?とも思うけど、それだけ記憶に残る演技だということになるからそれはそれでいいのかな。
そんな私なのに、剛くんが演じてきた役はどれも好きだよ。役によって色褪せるなんてあり得ない。
とどのつまり、私は、草彅剛その人自身が好きなんだ。剛くんの生きてきた道歩いてきた道、めちゃくちゃ優しくていい人、そして時折顔だす、男臭さに色香、少年のように純粋でやんちゃなところ、意外と意地っ張りで頑固なところ、心がまっすぐでいつもポジティブ、この一瞬を生きてる素晴しさ、周りを包み込む懐の深さ、それをなんでもないようにしちゃうとこがほんとに好き、押し付けるでもない、さりげなさ、ほんとに好き、嘘をついてもすぐバレちゃう人が詐欺師なんだもん、笑っちゃうよね~等々、魅力がこれでもか!というくらいにあちこちに分散されていて、飽きる暇も与えてくれないのよ。
役もそうだけど、やっぱり草彅剛個人の魅力に引き寄せられています。
彼を正統派のイケメンじゃないと世間ではみてるみたいだけど、それでおおいに結構よ。見る人によって変わるってそれだけ多彩な魅力に溢れてるってことだもん。正統派のイケメンって聞こえはいいけど、中身がないように感じられてツマンナイ。
私はそう評されることに最高の賛辞だと捉えてるよ。でも、カチンとくるんだけどね(笑)
こんなかっこいい男をつかまえて、なんという暴言。目の玉見開いてよくみてみろ!って。

f:id:yumipon0524:20170310064410j:plain
あっ、唯一、共感できない役があった。
猟奇的な彼女。観てたよ、毎週リアルタイムでTVの前に正座して集中してた。チョナンカンを主演にするという条件でドラマ化の権利を得たという裏事情があったから、気合いも入ってた。でもね、見終わったあと、体中がとんでもなく痛くて、疲れたの。今の 嘘の戦争も見終わったあと疲れるけど、それは心地よい疲れ、満足のいく疲れ、痺れる疲れ、のめり込んだ疲れなの。猟奇のは、しんどかった。剛くんの演技には毎回泣かされたよ。彼女を想う気持ちがぐいぐい伝わってきて感動したよ。でもね、なぜそこまで彼女を愛するのか、そこが私にはわからない。あんな我儘な女性を、振り回すだけ振り回す女性をなぜそこまで求めるんだろうか?どう考えてもわからないし、共感もできなかった。でも、毎回彼の彼女を想う気持ちには感動してたんだよ、ほんとに。猟奇的における役者草彅剛の演技は食い入るように見てたけど、また見たいか?と聞かれたら、いや、遠慮しとく。
猟奇的な彼女』って、韓国映画のリメイクなんだよね。だからこそ、わたしたちには共感しずらい点が多々あった。
“人の温度差”なんだろうね。
【韓国の人はエネルギッシュで、言葉の返し方などが早い。
家族とか友だちとか先輩とかの関係性がはっきりしていて、大切にするものはわかりやすく大切にする、それが日本と違うところかもしれない。
以心伝心、言わなくてもわかる、という日本と違って、表現がストレートではっきりものをいう】

剛くんかラジオ深夜便でこう話してた。

今みたら、受ける印象は変わってるかもしれないけど。当時の重苦しさを思うと、またその世界に入っていくパワーが今の私にはないの。怖いのよ。それくらい、強烈な印象残してるということは…………やっぱり名作なのかな。

あっ、こんなところに嘘があるじゃない と、他の番組みてて、ついそう思っちゃう。知らず知らずそんな目で観てる自分を可愛い~なんて思ったりもしてます。


何が嘘で何が真実か。目には目を嘘には嘘を!
いよいよ最終回。終わってほしくないけど、終わらないと次がはじまらないものね。。

河西Pが最後まで視聴者を騙そうと思うとコメントしてたよね。嘘を見破らなければ!

https://m.youtube.com/watch?v=ZZS5MH47neI