読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumipon0524’s diary

草彅剛さんが大好きです。剛くんメインのひとり言日記です。

嘘沼へようこそ

あの男は危険だ。穏やかな笑顔のときもその目の奥は氷のように冷えきってる。その氷も楓の純粋さにふれて、戸惑いを感じてるんじゃない?忘れてた温かいものをどうしたらいいのか、わからないんじゃないの?優しさにふれて、溶けだすのを恐れてる気もしてくるの。

f:id:yumipon0524:20170215051912j:plain
『最後まで嘘をつききれた奴の勝ちだ』こう言いはなった浩一のぞっとするくらい冷たい目。人の心を忘れた目。身震いする。草彅剛貴女って何者?そう言いたくなってくる。

藤木さんもすごいのよ。おみそれしました。単なる容姿端麗なだけの俳優さんだとばかり思ってきた。それがね、違うの全然違うの。彼の目の奥も冷たいの。してやったりのほくそわらいも鳥肌たった。剛くんとの化学反応で演技が演技でなくなってる。

会長が倒れて、見殺しにしようとした、浩一の右目から流れた涙。「お父さん、お母さん、敵をうったよ!俺、やったよ!」そんな喜びの涙にみえた。でも、、お父さんを犯罪者にしたてあげたのは自分なんだ。あの辛さ苦しみ絶望をこんなに簡単に終わりにはできない。「死ぬなーー!」は嘘の証言をした自分への言葉でもあるような気もする。
もっと苦しめ!もっともがけ!一ノ瀬浩一がほんとに地獄に落としたいのは、幼き頃の自分なんじゃないか。

これでもか、これでもか!怒涛の展開に息ができないほど嘘沼にはまってしまってる。制作側の思う壺にどっぷり。音楽がまたいいのよね。その緊迫感を高めてくれるのよ、引き立たせてるの。たまらないわ。
どれだけ役者が命削ってがんばっても台本がつまらないとその演技も死んでしまう。そんな心配はご無用。実に面白い。ご都合主義も全然オッケー。次から次へ予想をうわまってくるから気を抜けないのです。
役者に本に音楽、そして視聴者。見事に融合して最高の嘘の世界を描き出す。

三瓶園長の穏やかな優しい眼差しが一転して厳しい光を放ってた。二科家とどんな関わりがあるのか…30年前の事件、殺されたOLの父親…園長も何かしら嘘を抱えて生きてきたのは間違いないよ。
みんながみんな、嘘の人生を送ってきてるようで、
ほんとの敵は誰だっけ、そう考えてもわからない~🎵
て自然に口ずさんでた。

これからどうなるんだろ。復讐のあとに幸せなんかないのに。破滅への道をわかってても進まずにはいられない浩一の人生を追わずにはいられない。

そうそう、これにはびっくり。あまりにも想定外すぎて逆に気分爽快。慎吾だの中居さんだの、思い込みの自分に大笑い。
でも、嘘の戦争のPさんと会ったって慎吾ラジオで話してたのはなんだったんだろうね。まだちょっと期待してる私です。諦め悪いね(笑)




3月10日に角川文庫より本が出ます。

嘘の戦争 (角川文庫)

嘘の戦争 (角川文庫)

2月22日にサウンド・トラック発売になります。

カンテレ・フジテレビ系 火曜9時ドラマ『嘘の戦争』 ORIGINAL SOUNDTRACK

カンテレ・フジテレビ系 火曜9時ドラマ『嘘の戦争』 ORIGINAL SOUNDTRACK