読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumipon0524’s diary

草彅剛さんが大好きです。剛くんメインのひとり言日記です。

お仕事がある幸せ、想い人がいるって幸せだー。

「僕らの仕事って、ここが限界だとか、これでOKだ、これでいいんだというのが無く、可能性が無限としてあるので、常に上を向いて、あの満足を、いい意味で満足しないで。
SMAPっていうグループ、僕すごい好きだし、他のメンバーも勿論好きだと思うし。
1×5が5にならないグループだと僕は思ってて、10倍にも20倍にもなっていく、、僕ら偶然あつめられた、面白いメンバー。無限の可能性を秘めてるグループだと思う。個性があって、それぞれが幅を広げていって可能性を秘めてる、昔よりもそう思える。
いつまでも、お互いが刺激しあって、おもしろい活動をしていきたい。
すごく大人の部分と、いつまでも変わらない子どもの部分を持ち合わせて、
うまい具合にみんなが刺激しあって、化学反応を起こして、輝きあえるような
グループでいたい。
SMAPって、友達とかでも家族でもないけど、仲の良い親友と集まった時に子どもに戻れる場所が…感覚が近いのかなあと思ったりするし。戻る場所があるっていうのは幸せだなっと思ったりしますね。」

SMAPへの思い、熱く語ってます。この時、2011年だから今から6年ほど前になるのかな。
協調性が無い、顔に出さないし口に出さない、何を考えているかわからないと言われる自分を、支えてくれ、チャンスを与えてくれてるメンバーには感謝の気持ちでいっぱいなんだね。
背中を押してくれたんだよね。

SMAP…戻る場所が無くなった、ホームが無くなって何を思うんだろ。
お正月に、タモリさん宅に挨拶に行けなかった。慎吾との初詣にも行けなかった。行かなかったのではなく行けなかったんだよ。そんな彼の気持ちを思うと胸が痛くなってくる。タモリさんだって、ふとみると、無防備に子供のようにぐっすり眠ってる姿がどこにも見当たらない寂しさ、おでんも、カレーもたくさんの手料理を美味い!と言って食べ尽くしてくれる姿がない今年のお正月は思うことあっただろうに。
でも、剛くんにはドラマがある!今は『嘘の戦争』に全精力を捧げてるはず。今を大事に生きてる彼だから。撮影が終わってホッと一息ついたとき、、そのときの空虚感を思うと…………

〔昨年は映画「僕と妻の1778の物語」、ドラマ「任侠ヘルパースペシャル」、「99年の愛」、「冬のサクラ」、そして舞台、とがむしゃらに走った。
今、パタッと無くなって、心が穏やかになっていて、去年のことを思い出して充電したりしている。
次の仕事が来るのかわからないけれど、来れば嬉しいけど、役が自分を呼んでくれるんではないか、呼んでくれないかなと期待している。〕

こうも話してたの。この時とは剛くんを取り巻く環境は全然違う。彼を見守って支え続けてくれたマネージャーがそばにいない。拠り所としてきた、『SMAP』というホームも形は失った。失ったものの存在の大きさに押し潰されないで。SMAPはたくさんの人々のなかで生き続けてる、今もなおたくさんの人に愛されてるんだよ。
メンバーの絆も途切れてないでしょ。尚一層想いは強くなってるはず。言葉の端々から、その服装から、伝わってくるもの。
私たちファンだって、SMAPをこれからも深く深く愛し続けていくよ。

剛くんから役を切り離すことは出来ない。役は貴方を必要としてる。どんな邪魔が入ろうとも。役が必ず草彅剛を呼ぶ、間違いなく。
役にみあったものを用意してくれる。

だから、今は 一ノ瀬浩一に私は恋してるけど、きっとそのうち、次の誰かに心奪われていくんだわウフフ

落ち着いて遅れてお正月を楽しむ、剛くんとタモリさんと慎吾の姿を思い浮かべながら、私も今日を大事に過ごします。

剛くんは今日も撮影だよね。お仕事があるって幸せだ!
想い人がいるって幸せだ~🎶